クローズアップレンズを見分けやすくしてみた

私は水中カメラセットとともにINONのクローズアップレンズUCL-330とUCL-165M67を1個ずつ携えて潜ります。

たいていはハウジングのレンズポートにUCL-330(低倍率の方)を、フロートアームに付けたレンズホルダーにUCL-165M67を装着してエントリし、必要に応じて付け替えるわけです。20mmかそこらの生物をどアップに写すためには必須のアイテムなので、私の作品作りの生命線とも言えましょう。

スイートジェリーミドリガイに似たウミウシ
スイートジェリーミドリガイに似たウミウシ。 UCL-165M67を使うと小さな生き物が巨大なウルトラ怪獣のように映ります

ただし、困ったことにUCL-330とUCL-165M67は同じ形状なので一見して見分けがつきません。いや、よく見ると型番が書かれたペイントの位置が違うし、レンズ面を覗き込めば明らかに拡大率が違うのですが、ぱっと見では同じ外観なわけです。

また、最初の内は、どちらを付けてどちらをレンズホルダーに収めているかも把握できていますが、撮影が佳境に入ってUCL-330とUCL-165M67を何度が付け替えたり、ホルダーに戻す暇も惜しんで(ねじ込み式なので数秒掛かってしまう)砂地に置いたり、手のひらに抱え持ったりすると、どちらを使っているのか記憶が怪しくなってきます。

そこで簡単に見分けられるように工作してみました。 まずは100均のキャン・ドゥで以下のシールを購入。

株式会社スガタのウレタン樹脂シール
もちろんどちらも100円商品です

そして以下のように貼り付けました。下段の文字がシールです。

シール貼り付け済みのレンズ
特に白い方は歪んじゃったけどまあいいや。見栄えではなく実用性重視

水中では白い字が見えたらUCL-330、赤い字が見えたらUCL-165M67。手で触って文字数が多ければUCL-330、少なければUCL-165M67です。リゾートの海がメインの私はグローブを着用しないので、点字のように指で触れれば見なくても把握できます。

そう、このシールの利点はエンボス化工されていて触った感触があること。しかも意外に接着力が強く、海中に持ち込んでもなかなか剥がれません。というか陸上でも貼り直しが難しいぐらいにくっつきます。そのため私はマスクやシュノーケル、水中ハウジングなどにもこのシールで名前を書いています。私の中で密かなヒット商品です。ダイビングショップでも仕入れるといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください