Photoshopがアホみたいに使い難くなった件

先月アップグレードしたPhotoshop CS6がとても使い難いです。原因は今回から導入された背景ウインドウ(私が勝手にそう呼んでます)のせい。

この通り、Photoshop CS6の初期状態は画像がタブで表示されるというもの。いわばアプリ内のフルスクリーンモードみたいな感じです。

タブ表示のPhotoshop CS6
タブ表示は見た目がスッキリするものの、1度に1個の画像しか表示できない

ただし、これでは複数の画像を見比べながら作業が出来ないので、環境設定でタブ表示を外します。するとこんな風に表示されます。

マルチウインドウ表示のPhotoshop CS6
昔ながらのウインドウ表示に設定したらこんな感じ

マルチウインドウ編集が復活しました。

でも困ったことにPhotoshop CS6ではすべての画像を閉じても背景のウインドウが表示されたままなのですよね。

背景ウインドウのみのPhotoshop CS6
すべての画像を閉じても背景のウインドウが残ってしまう

私の場合、Photoshopで画像を加工した後は、InDesignやIllustratorに切り替えてその画像を活用することが多いのですが、他のアプリのウインドウをクリックしようにもPhotoshop の背景ウインドウが邪魔してくれて。

背景ウインドウは上下を目一杯狭くリサイズして見通しを良くすることもできるのですが、その場合は新たに画像を開いた際に狭くなった背景ウインドウに合わせた小さなウインドウとして開かれるので、実用的なサイズに表示されるために何度も拡大してやる必要があります。面倒ったらありゃしない。おまけに現行バージョンは最大化ボタンの挙動がおかしいし。

と思って検索したところ、背景ウインドウをす方法を見つけてくれた人がおられました。感謝。ウインドウメニューのアプリケーションフレームですか。気付きませんでした。 Photoshop CS6自体は64bit化のおかげで以前のバージョンよりもサクサク動くので、これでストレスなく作業できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください