デジタルスケールがお買い得

デジタルスケール以前にも取り上げたデジタルスケール(荷物を吊るして重さを量る機械)がマイナーチェンジした上に安くなったので改めて紹介します。

変わったのは荷物を引っ掛ける箇所。以前は釣り針型のフックだったのがバックル付きのベルト式に変更されました。なるほどこの方が使いやすそうです。

デジタルスケールが活躍するのは何といっても飛行機の利用前。重たい機材一式を旅に持参するダイバーの間では重要オーバーで超過料金を何万円も取られたなんて話もちょいちょい聞かれますので。

例えばフィリピン航空の機内預け荷物の重量制限も昨年11月から23kgを2個に変わりました(それまでは20kg。有料スポーツプラス会員は+20kgの計40kg)。年会費なしで46kgまで預けられるようになったものの、1個あたり23kgという制限は厳格に適用されているようです(重量制限の改定はバックヤードのスタッフが腰を痛めないのが目的なので)。

もちろん空港のチェックインカウンターでバタバタするのではなく、自宅やホテルでのパッキングの段階で重量をクリアしておくのが無難です。何kgオーバーとかいわれても、現場ではそう簡単に調整が利かなかったりもするし。

てなわけでMAX50kg、しかも10g刻みで計れるこのデジタルスケールは優れもので、送料込みでも1,400円とお買い得品。私は前のモデルを愛用していますが、特に問題もなく使えています。海外リゾート派のダイバーにとっては必需品でしょう。まあ、グループのときは誰か一人が持っていればOKですが。

[rakuten]donya:10925986[/rakuten]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください