Adobe製品は2台のマシンで使える

フランス大統領選、猿小路さんが負けちゃいました。この先、どうなっちゃうんでしょうかね。また超円高に振れようものなら、細々と食いつないだ日本の輸出企業はいよいよ断末魔でしょうか。何とか大事に至らずに持ちこたえて欲しいものです。


さて今週の金曜日にAdobe Creative Suite 6が発売されます。CS6へのアップグレードを検討するにあたり、改めてAdobeのライセンス規約を確認してみました。

抜粋すると以下の通り。

  •  2台目のコンピューターはポータブルマシンまたは自宅で使用するホームコンピューターである。
  •  1台目と2 台目のコンピュータを同時に使用しない。
  •  2台目のコンピュータでソフトウェアを使用できるのは、1 台目にライセンス認証をしたコンピュータでソフトウェアを使用するユーザーに限定される。

つまり会社で買った製品を自宅のマシンで使ってもいいわけです。もちろん会社の了解は必要ですが、昨年の大震災の経験もあり、きっと在宅勤務用として許可してもらえるでしょう。重さと紛失時のダメージを考えると会社のMacbook Proを毎日持ち帰って次の出勤時に持ってくるのも遠慮したいところです。

これがセコい会社なら「2台までで使えるなら1ライセンスを2人で…」と考えるかも知れませんが、それはライセンス違反。不正使用に当たります。あくまでも「同一人物が使う2台まで」が条件のようです。1人がiMacとMacbook Proとかで同時に利用するのもダメですね。

ま、今の会社を辞めない限りは会社で購入したCS6を自宅でも合法的に使えるってことだ。自宅での作業用に10万円前後の製品を自分で買わなくて済むのはありがたいです。なにしろリゾートのダイビングツアー1回分だもんな。今年は出費がかさんでどうにもお金がないし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください