iPadに足りないもの

iPadにはソフトウェアキーボードが搭載されていて、テキスト入力のタイミングになると自動的に表示されます。でも、はっきり言って使い勝手はイマイチなのですよね。

何が足りないかというと矢印キー。

iPadのソフトウエアキーボード

Appleとしては、そもそもタッチパネルだから不要だろうという判断なのでしょうが、それほど完成度は高くありません。

例えばこのblogで使っているWordPressの編集画面はまだiPad向けに最適化されていないこともあり、指でタップしても的確な位置にカーソルを動かせないことが多いのですよね。まあ多分にWordPressとの相性の問題かもしれませんが、メモアプリだってそうです。どんなにタップを工夫してもカーソルが目当ての位置に移動させられないことがあります。

さて、昨今ではiPadによるパソコンの置き換えが進んでいます。そんなときに便利なのがBluetooth接続の外付けキーボード。特に長文の入力では作業効率が圧倒的に違ってきますので。

でも購入時に気をつけなければいけないのは矢印キーが設けられていない製品があること。差し当たりこちらは大丈夫なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください