SONYが1万人の人員削減ですか…

一昨日、そう発表されましたよね。かつてのSONYファンとしては残念だけどこれが時流。なにしろ40インチのテレビが300ドルの時代なんで。

厳しいのはSONYだけではないため向こう1年の間に有名電機メーカーから何万人もの人材が再就職市場に出てきます。当然、傘下の中小企業からも。中にはお決まりコースでSamsungあたりにヘッドハンティングされる人もいるでしょうが、大勢が所得を減らすでしょうから景気の押し下げ要因になるとともにサバイバルですね。自分も今のお仕事をがんばらないとな…。

で、SONYの話。実は私も昔は家中のAV家電をSONY製品で揃えていたものの、いつしかまったく食指が動かなくなりました。転機はかつてのHDDレコーダー『スゴ録』が頻繁に予約録画をしくじるから、だったかな。だとすると10年くらい前ですね。

その後も友人からPSPとメモリースティックを託されて動画データを入れてくれるように頼まれた際、あまりに不便な仕様に愕然としたことも。そりゃあもうこれほどAppleに水をあけられるのも無理はなかろうと。何というか、UIも含めて使い勝手の洗練度が格段に劣るのですよね。Macがマイナーな存在でiPodにできることが限られていた頃ならともかく、人々がiPhoneやMacBook Airに慣れ親しんでしまった以上、世間が求めるハードルはいっそう上がってしまいました。

もっとも二年前に買った東芝製のHDDレコーダーはそれらに輪をかけてダメなUI設計(むちゃくちゃ数が多いリモコンボタンに無造作に機能を割り振ったような)だったので、むしろSONYは頑張っていた方かもしれませんが。

ああでもSONY製のデジカメはいいと思いますよ。二年前、普及価格帯のコンデジにいち早くフルHD動画撮影機能を搭載したCyberShot HX5Vは良かったし、NEXシリーズにしても各社のミラーレスカメラでもっとも大きなセンサーを採用している点はいかにもハイパワー志向のSONYらしい決断でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください