PowerShot S100用水中ハウジングの本命?

現在、私が水中撮影、特にマクロ撮りに最も適していると思うコンパクトデジカメはCanon PowerShot S100。レンズ周りのコントローラーリングにマニュアルフォーカスを割り当てておけば、リングを回した際に液晶画面中央が拡大表示されてより正確なフォーカスが可能になります。

マニュアルフォーカス機能はOlympus XZ-1など、各社の上位機種には搭載されていますが、S100用を除けばどれも純正のハウジングからは機構的にアクセス不可。CanonのフラッグシップコンデジPowerShot G1 Xも例外ではありません。

そのS100用水中ハウジングの新顔がこちら。米国インディアナ州のikelite社製です。

IKELITE Canon Powershot S100用水中ハウジング

ikeliteハウジング向けL型光Dケーブル・ブッシュW57セット
INON製ikeliteハウジング向けL型光Dケーブル・ブッシュW57セット

海外に行くと外国人ダイバーがikelite製のハウジングを持っているところをよく見かけるので、品質には定評があるのでしょう。実際、純正のハウジングよりも強靭に作られているようですね。それでいて3万円強とお手ごろです。まあストロボ光を拾うにはINONのパーツが必要になるようですが。

気になるメンテナンスの体制も万全とのこと。くわしくはこちらの動画で確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください