撮影旅行の強い味方?

カメラを携えた長めのダイビングツアーの場合、悩ましいのが電池。例えば私は2灯のストロボとターゲットライトに計11本の単三乾電池を使います。

もちろん日数×想定ダイブ数をカバーするだけの乾電池を持って行っても良いのですが、荷物がかさばるし旅行前に毎回買いそろえるのも厄介なのでエネループを使っている人も多いはず。アルカリ電池と違ってエネループは終始電圧が一定なのも有利です。

ただしエネループの充電器1個で一度に充電できるのは4本まで。そして海での夜はたいてい飲み会になります。夕刻、最初の4本をセットして外出。帰ってきて次の4本をセットし直さなければならないところを、酔った勢いで充電し忘れて寝てしまおうものなら翌日悲しいことに。朝ボートで沖に出ると夕方まで部屋に戻れなかったり、辺鄙なリゾートでは買おうにも買えないときもありますし。

ということで活躍してくれそうなのがこちら。

充電器(12本用)

サイズこそエネループ用充電器の3倍ありますが、これ1台で同時に12本の充電池が充電できます。ダイビングを終えてホテルの部屋に戻り、夕食や飲み会に出かける前に全部の電池を挿して放充電を開始しておけば、翌朝にはリフレッシュ済みで満タンのエネループが完成しているわけです。お値段もエネループ充電器1個と同じぐらいだし。

「電圧が240Vとかの海外でも使えるか?」「11本という半端な本数でも大丈夫か?」など、買う前に調べないといけない点もありますが、今私が欲しいアイテムの一つです。でもこの商品を扱ってる上海問屋では売り切れたままになっちゃってるんだよな…。

10本用でよければ買えるようです。

[rakuten]donya:10747617[/rakuten]

これまた売り切れたようで。時折再入荷をチェックするしかないか。

3 Replies to “撮影旅行の強い味方?”

  1. こんにちは、はじめまして。
    この充電器、上海問屋で5月末納品ですが受注しているようです。すでにご存知でしたら、ご容赦を…。

    1. まつださん、貴重な情報をありがとうございます。

      確認しました。前回は買いそびれたので今度こそ買っとかないと。

      Blogでももう一度紹介しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください