自分が小さいと感じるとき

残念なことに私には「人として器が小さい」という自覚があります。嫌なことがあろうものなら負の感情にとらわれやすいのですよね。それが不可抗力的なことであっても。

例えば私のダイビング関連の知人に要注意人物が一人います。彼は年齢が私よりも少し上で所得の方ははずっとずっと上。なぜ知っているかというと本人が額を公言していたから。尋ねたわけでもないのに、彼はことあるごとに《自身はリッチなんだ!アピール》を会話にねじ込んできます。こんな感じの。

  • 私のダイビング機材はh.u.b.といってみんなのよりも高いやつで…
  • 私のカメラセットは一眼レフで君らの一ヶ月分の給料でも買えない値段だ
  • 私のクレジットカードには限度額の制限がない
  • 車は5台持っている
  • 1,500万円の車を買った
  • 家は2軒あるから老後の心配もない
  • 蓄えはン千万円もあれば十分じゃないか
  • 飛行機はいつもビジネスクラス
  • 今度モルディブに行きます。ツアー代が30万円。ビジネスクラス代が20万円
  • よく行くランチは叙々苑。なぁに、一人2,500円もあれば食べられますよ

などなど。

もちろん私とて彼に対して羨ましい、ねたましいという感情は持っていません。そうすることが無意味で馬鹿げていると思えるぐらいの分別は私にもありますので。仮に立場が入れ替わったとして、高額所得者たる彼の業務を自分がこなせないだろうことも解っていますし。

ただし、ちょっと油断していると毒気にあてられ、それっぽっちのことで感情を乱されてしまう自分に気づいてへこむ瞬間があるのですよね。

原因は彼との経済的な格差を思い知らされたから?いや、そうではなく、彼の露骨な《見せつけてやろう》《どうだ凄いだろう》の攻撃にまんまとウンザリさせられてしまっている点です。「親密でもない他人の金持ち自慢なんか笑って聞き流していればいいのに…」と。

ほんでもって昨年九月、彼がフィリピン航空のストライキでもって潜れないのにボホールで一日延泊の足止めを食らったと聞いたときは、ふり掛かった不運を少し愉快に思ってしまったし。

5mmクラスのチビカエルアンコウ
私の器は5mmのチビカエルアンコウ並に小さいです…

なお、彼の他にもお金持ちのダイビング仲間は何人かいるものの、皆さん発言は謙虚だったりします。真のお金持ちほど慎ましやかなものだとも言われますが、毎月のようにリゾートに潜りに出かけ、やはり飛行機はビジネスクラス、ホテルも常に一人で高い部屋を取るような人でも、普段の会話では決してそれをひけらかそうとはしないので嫌みもなく付き合いやすかったりします。そいういう人は格好いいと思うし、素直に憧れる対象となっています。

でも、そうではない人とうまく折りあっていかれていない自分はまだまだだ人間がが小さいよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください