I love frogfish.

海ノ中道マリンワールドのカエルアンコウ。 ダイバーには大人気の魚ですが、水族館の客は口々に「気持ち悪〜い」と言って通り過ぎて行きますね。

カエルアンコウ1
まあ確かに不細工な置き物みたいではあります

持ち前の魚類最速の瞬発力も捕食のとき以外には発揮しないし、その捕食の瞬間は速すぎて肉眼ではまったく捉えられません。

額のエスカ(ヒレが変化した擬似餌)にしても水槽内では使う機会はなさそう。残念ながら、この魚の魅力はノンダイバーにはなかなか伝わらないでしょうね。

ちなみに左手状のヒレを置いているのも向こう向きのカエルアンコウでした。

カエルアンコウ2

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください