スーパーボウルへの険しい道のり

SuperBowl-46近年、私の誕生日に合わせてスーパーボウルが開かれることが多くなりました。何となく嬉しいです。

私はあらゆる球技の中ではアメリカンフットボールが一番面白いと思っています。野球以上に緻密なセットプレーの連続と一発大逆転の妙味、サッカーのような突然の攻守交代、ラグビーよりも激しいフィジカルコンタクト。これらのすべてが盛り込まれているので。しかもスーパーヘビー級のプロレスラー並の大男揃い。その一方で先進的でもあります。テレビ中継ではファーストダウンの目安となるバーチャルな線が合成表示されますし、ヘッドコーチがクオーターバックにトランシーバーで指示を出すのですよね。

というわけで私も毎年スーパーボウルを楽しみにしています。今朝はよほど午前休にしようかと思ったものの、月曜の朝には定例会があるので、まあ録画でもいいかと。

でも、日中うっかり結果を見てしまわないように気をつけないと。私は勝敗やスコアを知っててもゲームを楽しめる方ですが、どうせなら何も知らされずに観戦したいところです。

ただし、仕事を終えて帰宅するまでにはあちこちにトラップが。まず、報道系のWebサイトにアクセスしたら結果が出ていたりしますし、メーラーにはNFL Japanからのメール、Facebookのニュースフィードにも何かしらニュースが流れてきているはずです。もちろんiPadのNFLオフィシャルアプリは絶対に起動できません。幸い、iPhoneのMMSに試合結果を送り付けてくる知人はいませんけど。それやられると待機画面に表示されちゃいますからね。

ほんでもって帰宅の電車移動用に「小島慶子キラ★キラ」や「荒川強啓デイキャッチ!」のPodcastをダウンロードして聴くと、そこで何かしら触れられているかも。月曜日は生島純さんや永谷修さんが出てるので。

加えて山手線の車内モニタやYAMADA電気の電飾看板にニュースが流れかねないので観ないようにしないと。

というわけで頑張って何とか情報を遮断したまた家に辿り着くことができました。これから4時間、年に一度の楽しい時間を堪能します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください