バッテリー内蔵型水中ライトの難点

SOLA DIVE 1200先日、ダイビングショップのスタッフと話していてこの話題になったので。

昨年来、Sea&Seaが国内の販売代理店になっているLight & Motion製SOLAライトが人気です。私の仲間にも何人か所有者がいます。コンパクトでありながら、なかなかの光量が得られる上、充電はお尻のコネクタにプラグを挿すだけなので、ありがちな蓋の閉めそこないによる水没の可能性がないという実にありがたい設計です。

ただし、このタイプのライトには難点が二つ。

一つ目は航空機の安全基準に抵触する点。私が知る限り、空港で機内預けや持ち込みを拒否された話は聞きませんが、バッテリーが取り外せないライトは厳密にはアウト。世界中の誰かのライトがたまたま不調だったりして機内に預けたスーツケース内で発火事故を起こせば途端に規制が強化されるでしょう。そうなれば品質証明のペーパーも役には立ちません。もっとも関東在住で伊豆や小笠原がメインということなら気にする必要はありませんが。

もう一つの難点は運用面。SOLA PHOTO 500とSOLA VIDEO 1200の発光持続時間は最大光量で70分、SOLA PHOTO 600が80分。使い方次第では2ダイブ目にバッテリーが尽きてしまいますが、内蔵型なので予備のバッテリーに換装することはできません。節約しながら使わないと3ダイブ目やナイトダイブまでバッテリーが持たないなんてことがあり得るわけです。光量を弱めれば照射時間も延びますが、どうせなら明るい映像や写真を撮りたいですしね。もちろんプロやリッチな人なら予備のSOLAライトを持参する手はありますが。

ちなみに、SOLAライトには新製品が出ているので国内でも近々モデルチェンジされるはず。新しいSOLA PHOTO 500の発光時間は100分に伸びるようです。対抗馬のFIX LED1500DXも加えて一覧にするとこんな感じ。それぞれ製品名の数字が最大光量値になっています。

  SOLA 500P SOLA 800P SOLA 1200P SOLA 1200V SOLA 2000V SOLA 4000V FIX LED 1500DX
照射時間(Hi) 100分 65分 65分 70分 50分 50分 85分
照射時間(Mid) 200分 130分 130分 140分 100分 100分
照射時間(Low) 400分 260分 260分 280分 200分 200分 310分
重量 283g 283g 283g 265g 283g 808g 450g

どれを選び、どう使うかは悩ましいですね。自身の普段のダイビングスタイルと照らし合わせて選ばないと。

なお、FIX LED 1500DXは充電池交換式なので2ダイブごとに換装して常に最大光量で使うこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください