光回線でナローバンド通信

昨日、自宅の集合住宅にインターネット回線が引かれました。今までは入居者各人で申し込んでいたのが、建物の標準装備としてJ:COMのインターネットを導入するとのことで。

WiMAXよりも速い回線が無料で使えるようになるかと期待して引き込み工事がてら説明に来てもらったのですが、何のことはない、引き込みは無料でも以下のように月々の使用料は発生するとのこと。

  • 160Mコース・・・6,300円3,980円
  • 40Mコース・・・5,775円2,980円
  • 12Mコース・・・4,179円1,980円
  • 1Mコース・・・3,129円0円

総じて2〜3千円割り引いてくれてますが、私はWiMAXの2年縛りが1年半も残っているので無料の1Mbpsコースにしました。半年前ならフレッツ光を止めて最上位の160Mコースあたりを導入したと思うのですがね。

室内に新たにモトローラ製モデムが設置されたものの、込み合っているときのWiMAXよりも遅いので電源すら入れる予定はありません。まれにWiMAX網がダウンしているときだけは活躍してもらおうかな。

それにしてもケーブルテレビ用に光回線を引き込んでおきながら下り1Mbpsですか。なんか間違っているような気がしないでもないです。4Mコースなんかを設けると上位コースを申し込む人が減っちゃうからだろうけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください