コリアンな水中カメラはいかが?

先週、Samsungがミラーレスカメラの新製品を発表しました。

NX200

カメラと言えば日本のお家芸だったわけですが、ひょっとしてこの先はその定義も変わっていくのでしょうかね。なにしろSamsungの営業利益は国内大手6社の合計よりも多いとのことですし。

SAMSUNG 60mm F2.8 Macro ED OIS SSAさて、このNX200で私の目に付いた点は60mmマクロレンズが用意されていること。APS-CのミラーレスというとSONYのαNEXがありますが、こちらのマクロレンズは30mm(35mm判換算で45mm相当)で水中で使うには短かいかと。でも60mm(35mm判換算で90mm)なら中望遠的なマクロ撮影が可能になります。

さすがに参入障壁が高いと見ているのかSamsung NXシリーズは日本未発売で日本語表示機能も省かれているらしいのですが、逆に言えば日本以外では売られているわけです。しかも、近年では韓国人や中国人のダイバーも増えました。ならばNX200用の水中ハウジングが登場しても何ら不思議ではないと思います。

Samsung製のレンズとカメラの性能がどの程度かは解らないのですが、60mmマクロレンズがあるAPS-Cミラーレスカメラは今のところ他にないので、水中撮影用途に限ればNX200もありではないでしょうか。

英語表示で使うことになりそうですが、国内のハウジングメーカーがカメラ&レンズ&水中ハウジングをセットで安価に売り出してみると面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください