コシジロテッポウエビ

クビアカハゼと共生しているコシジロテッポウエビ。その名の通り胴体の真ん中に白いオビがあるのが目印です。

クビアカハゼの共生テッポウエビ

コシジロテッポウエビはもっと黄色っぽい個体が多いけど、リロアン(セブ島南部)で遭ったこの個体はクビアカハゼのバンドと似た色のストライプ柄でした。

見慣れないエビ

去年のアンボンのラストダイブ、20分ぐらいこのエビに費やしました。何しろ見慣れないので。

見慣れないエビ

実際のところ、砂地に開いた2cmぐらいの縦穴の奥に見えただけ。縦穴だと普通はシャコだけど、どう見てもシャコではないので懸命に撮影にトライ。

竪穴の奥を上から撮るのは難しいのですよね。穴に接近しすぎると両サイドのストロボ光がケラれるし、引き過ぎれば像が甘くなりがちです。

でも、そうやって頑張ってたら奥に引っ込んでしまい、タイムアップまで二度と出てきませんでした。

このエビ、何て種類でしょうかね?