激辛はしご酒 〜ばるばる下北沢〜

昨日から下北沢で「激辛はしご酒」のイベントウィークが始まりました。18日までの10日間、ベント参加料は1日700円。二日目以降は300円です。協賛の60店ほどが参加して特別メニュー+1ドリンクを1000円で提供しています。

私は「激辛」に目がないもので、早速行ってきました。

まずはARK BOXというビルの3階にあるバーで「スパイシーラムチョップ&ラムステーキ」とウイスキーをロックで。ラムは美味いけどちっとも辛くなかったな。

ARK BOX スパイシーラムチョップ&ラムステーキ
ARK BOX スパイシーラムチョップ&ラムステーキ

次に近くのイタリアンレストランMs.CLAUDIAで「激辛羊肉のディアボロ風」と赤ワインを。こちらはラムではなくマトンだと思うけど、しっとりしていてこれも美味。ただし、まったく辛くない…。

Ms.CLAUDIA 激辛羊肉のディアボロ風
Ms.CLAUDIA 激辛羊肉のディアボロ風

そして何となく南に歩いたら偶然シモキタシュリンプを発見。前々から目をつけていて昨年移転したのでいつか行こうと思っていたお店です。迷わず入り、ハイボールと「海老のピリ辛串」を注文。エビとロブスターの串焼きですね。海老は外れないよなぁ。そしてこちらはかすかに辛みを感じました。

シモキタシュリンプ 海老のピリ辛串
シモキタシュリンプ 海老のピリ辛串

以上、計3,700円使ったものの激辛料理に会えないまま、そこそこ腹が膨れたので、この日は退却。また折を見て行こうかと思います。

ちなみに下北沢では2月17日(土)に「糸魚川フェア」も開催される予定です。

コシジロテッポウエビ

クビアカハゼと共生しているコシジロテッポウエビ。その名の通り胴体の真ん中に白いオビがあるのが目印です。

クビアカハゼの共生テッポウエビ

コシジロテッポウエビはもっと黄色っぽい個体が多いけど、リロアン(セブ島南部)で遭ったこの個体はクビアカハゼのバンドと似た色のストライプ柄でした。

見慣れないエビ

去年のアンボンのラストダイブ、20分ぐらいこのエビに費やしました。何しろ見慣れないので。

見慣れないエビ

実際のところ、砂地に開いた2cmぐらいの縦穴の奥に見えただけ。縦穴だと普通はシャコだけど、どう見てもシャコではないので懸命に撮影にトライ。

竪穴の奥を上から撮るのは難しいのですよね。穴に接近しすぎると両サイドのストロボ光がケラれるし、引き過ぎれば像が甘くなりがちです。

でも、そうやって頑張ってたら奥に引っ込んでしまい、タイムアップまで二度と出てきませんでした。

このエビ、何て種類でしょうかね?