また死にかけた

Appleの新製品発表会が10月30日23:00〜(日本時間)に決まりました。ようやく私も新しいMacを買えそう。Macbook Air(2010)による超低速RAW現像から解放されることでしょう。


先月、マクタンの海でまた死にかけました。2年前もオランゴ島のタリマで残タンクで潜ってしまい水深18mで残圧0のピンチに陥ったけど、今回はもっと危なかったなぁ。

その日の三ダイブ目、Plantation Bayというサイトにフィリピン人のガイドとマンツーマンで潜り、何てことないダイビングが30分ほど続いた後、急にカレントが強くなりました。過去に私が経験した中では最強クラスの激流、吐いたエアーが横に流れる感じのやつです。

とはいえ右手には一眼レフのカメラセットを持っているので、左手だけで海底の岩を掴んでチビチビ進む片手ロッククライミング状態。左手を離してゲージを手繰り寄せ、残圧を確認しようものならあっという間にガイドから何十mも離されるのがわかりきっています。

そうしてしばらく残圧をチェックできないでいたら、突如レギュレータからの空気が渋くなりました。タンク内の圧力が下がり、あと数呼吸で終わりという兆候ですね。ダイコンも見られないので解らないけど、きっとまだ水深は10m以上。ピンチ!

よって5mほど離れたところにいたガイドに急いで近寄ってオクトパスを貰いたいけど真向かいからの激流でなかなか進めず。とはいえ他の選択肢も猶予もないので、息を詰めて流れに逆らいながらの全力フィンキック。そうして自身のレギュからはもう一回吸えるかどうかというタイミングでガイドに追いつきエアーを貰うことに成功。ガイドがあと1m離れていたら私は力尽きて死んでいたことでしょう。

後でガイドに訊いたら、前日からの5ダイブで私が毎回エアーをたっぷり残してたので、そういうやつだと思われていたようです。よもやエアー切れのサインを見ることになるとは思いもよらなかったと。いや、私だってそのつもりだったけど、激流に見舞われて空気の消費量がかなり増えていたようです。まあ、助かってしまえば笑うだけですね。もちろん次の日も普通に潜りましたよ。海中も前日の激流が嘘のように穏やかだったし。

さて、そんなわけで随分体力を消耗したものだから、その日の夕食はジョリビーで二人前食べました。

ジョリビーのハンバーガーセットとスパゲッティ&チキンジョイ

エルアクエリオダイバーズ

前月のセブ行きの後半で使ったショップはマリゴンドン地区にあるエルアクエリオダイバーズ。すでに営業を終了したかもしれないパラゴビに代わる馴染みのショップを島内に増やしておこうと。アグスのAOSMEC Square Hotelからは近くて、車で10分くらいだったかな。

ここを選んだのは、いつからか私のFacebookウォールにblogが流れてくるようになってて、いつも賑やかで楽しげな雰囲気だったから。blogがしっかりと更新されているのも好印象な点です。でも私が行った時のゲストは私一人。お店独り占めは嬉しいような残念なような。

初めて使ったエルアクエリオダイバーズは、オーナーのちひろさんの薫陶の賜物なのか「素晴らしく気が利くお店」でした。例えばバンカーボートのシートと背もたれにはクッションが貼られているといった具合に。ボートには犬も乗ってきて愉快です。

乗船するとフルーツの盛り合わせが提供されました。

エルアクエリオダイバーズのフルーツサービス
この日はランソネス、マンゴー、マンゴスチンでした

お昼もボートで。

エルアクエリオダイバーズのランチ
フィリピンでは野菜の摂取量が減りがちなので、こういうのは嬉しいです

ほんでもって一日の最終ダイブの直後には、お店に戻るや否やよく冷えたサンミゲルを持ってきてくれたりもします。

エルアクエリオダイバーズのドリンクメニューとダイブサイト
ドリンクメニュー。ホワイトボードに書かれているのは3日間で潜ったダイブサイトです

海の中も、最初こそエビ専門の私には退屈だったけど、次第にいい感じになっていきました。私がバサラカクレエビなどを時間をかけて撮っているところを見ていたのでしょう。

私がセブでこれまでに使ったパラダイスゴビーズ、P-COM、アクアバディズなんかと比べればマニアックではないけど、その分誰にでもお勧めできるいい感じのダイビングサービスでしたね。

新マクタン空港の手羽先

新しくなったマクタン空港でラクサを食べたものの満足感が得られなかったので、向かいのBonchonというお店で手羽先を食べました。3ピースが254ペソ(550円ぐらい)だったかな。

Bonshonの手羽先
3ピースを頼んだけど上下に3個重なって6ピース出てきました
マクタン空港のBonshon
チキン専門店というわけではなくハンバーガーや天丼みたいなメニューもあります

注文時にチキンの味付けを訊かれたので「スパイシー」を頼んだけど、期待したようないかにも韓国っぽい辛さではなく甘辛でした。

新しいレストラン街にはラーメン屋もあるけど、これから日本に帰ろうって人には無用ですね。閑散としていました。

他にもバーがあったけど、お値段が高いので利用せず。

新マクタン空港のターミナル、はっきり言ってしまえばガッカリです。フィリピンなのにフィリピン料理のレストランが入っていないのだから。せめてバーガーキングの代わりにジョリビーが入っていればよかったのだけど…。

新マクタン空港のラクサ

新マクタン空港で楽しみにしていたのが出発ゲートエリアのレストラン。一通り見て回ったけど、パッとしませんね。例えばジョリビーではなくバーガーキングだし。

で、消去法で選んで食べたのがこちら。アジアンキッチンのシーフードラクサです。480ペソ(約1,000円)、高っ。

味はまあまあ。具が少ないとは思うけど。

ちなみにメニューだと左下の写真がそうです。かけ離れているなぁ。

マクタン空港のラクサ

なお、隣のテーブルに中国人カップルが座り同じものを食べてたけど、彼らが去った後のテーブルや受け皿などは「どう食べればこんなに汚せるんだ」と思うぐらいに散らかっていました。文化の違いは大きいですね。

新生マクタン国際空港

新しくなったセブのマクタン国際空港(近々ラプラプ国際空港に名称変更されるらしい)は快適ですね。

セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
ターミナル内。明かり取りのある高い天井は気持ちがいいです
セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
ターミナルの外では工事が続いています。トランジットホテルやショッピングセンターが出来るそうです
セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
荷物をカートに乗せたままチェックインカウンターまで進めます

まず、以前のターミナルではチェックインカウンターのフロアに入る直前に荷物検査を通す必要があったけど、新ターミナルではそれがなくなり、入口の係員にeチケットの控えかスマホ画面を見せるだけで荷物をカートに乗せたまま建物に入れます。

また、旧ターミナルでは建物前で客の荷物を半ば強引に奪って運ぶことでチップを貰おうとする怪しげな空港職員がいたけど一掃されたようです。旧ターミナルでは入り口からチェックインカウンターまでが長かったし、途中にスロープもあったけど、新ターミナルはひたすらフラットで、かつ建物に入ってすぐのところにチェックインカウンターがあり、ケチな小遣い稼ぎが成り立たなくなったのでしょう。

チェックインの後も迷うことはなさそうです。建物の中央奥がイミグレーションだし、その両サイドに空港使用料を払うためのブースが設置されているので。ちなみに空港使用料は750→850ペソに値上がりしました。

セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
建物内右奥にはカフェと換金所があります。値上がりした空港使用料のペソが足りなくなったらここで換金できます

トイレにはシャワー機能もついています。

マクタン空港の新ターミナルのシャワートイレ
便座の横っちょから伸びている突起(ゴミ箱の右上)がダイヤル。回すとウォシュレット風に水が吹き出します

新ターミナル、とても機能的で気に入りました。まあ、昔のポンコツな空港にも愛着があったけど。