地球の海フォトコン2018(自由部門)

マリンダイビングフェア2018、土曜日に行ったらクレイジージャーニー広部俊明さんと何度かすれ違いました。短パンに麦わら帽で目立ってたし。私は一度一緒に飲んだことがあるだけなので声はかけなかったけど。

こちらは地球の海フォトコン2018(自由部門)の入賞作品。

地球の海フォトコン2018(ネイチャー・環境部門)「Snowman」
「Snowman」

フィリピンのセブ中部、リロアンで撮影したカエルアンコウのアップです。

遠目には真っ白にしか見えないので並べると目立つけど、まあ予想通り入賞どまりでした。

眼力

Giant frogrish、オオモンカエルアンコウ。滅多に動き回らないので、撮り手の意図が如実に反映される被写体です。Giant frogfish、オオモンカエルアンコウ

しかも私のカメラはDXだし105mmのマイクロレンズなので大きめの被写体の場合、背景は期待できません。

よって、この一枚は上から見下ろして威圧感が出るように撮りました。

Hide and seek

Psychedelic frogfhsh(アンボンカエルアンコウ)はこんな風に岩陰に隠れていました。

Psychedelic frogfhsh(アンボンカエルアンコウ)

他のカエルアンコウとは違ってエスカがないので、おびき寄せはせず、近くにきた魚なんかに食らいつくのでしょう。