糖質カット炊飯器

ついに糖質をカットしてくれる炊飯器が発売されました。

サンコーレアものショップの糖質カット炊飯器

原理はこんな風に図解されています。

炊飯器による糖質カットの図解

米の煮汁に糖質が溶けでるようなので、それを捨てて、注水し直して蒸すようです。本当にそううまく行くのかは解りません。

それに糖質を捨てるってことは、肝心の炊き上がりの米の味に影響してしそうな気がします。単純に不味いなら食べる気が無くなるのでダメでしょう。

気にはなるけど誰かのレビュー待ちです。

Vege Rooster

Talassa Dive Resort Rembehのディナーに登場したルースター像。ここのリゾートでは人懐っこいルースターがアイドルだから。すべて野菜でできてます。

食べにくい…。

バティック航空の機内食

今回のレンべの旅で密かに期待していたのがバティック航空の機内食。2014年に乗った際の印象が良かったので。サンバルソースの小袋が添えられていて。

でも、今回は往復とも残念な感じになっていました。

バティック航空(ジャカルタ→マナド)の機内食
往路
バティック航空(ジャカルタ←マナド)の機内食
復路

サンバルソースも付いていません。まあ、国内線なのに機内食が出る楽しみがあるだけいいか。

ちなみに選択の際には「ナシ?ビーフン?」と聞かれます。私も含めてほとんどの人が「ナシ(ご飯)」と答えていましたね。

空港の給水所

ジャカルタのスカルノハッタ空港では、まばらに給水所がありました。昔からそうなのか、それとも設置されたのかは解りません。1年前には見かけなかった気がするけど。

ジャカルタ空港の給水機

使い方は持参したボトルやカップを置くだけ。センサーが感知して一度に600mlぐらいのぬるい水を注いでくれます。もちろん無料です。

ジャカルタで飛行機に乗る際は空のペットボトルをひとつ持っていくといいでしょう。

マナドの空港にコンビニが出来てた

マナドの空港の出発ロビーにコンビニが出来てました。去年の7月にはなかったはずです。

そこでこちらを購入。前から気になってたのですよね。このサイの絵が描かれた昭和っぽいデザインの飲料が。文字は一切読めないし。

インドネシアのジュース

で、早速飲んでみたらポカリスエットっぽいジュースでした。もう一方は海水から採った塩を使ったレモネードみたい。けっこう甘いです。

どちらももっと奇抜な味を期待していたのだけど、普通でしたね。