雑なPokémon GOイベント

7月27日(金)〜29日(日)、Pokémon GOスペシャル・ウィークエンドイベントが開催されます。

スペシャル・ウィークエンド Pokémon GO

でもこのイベント、何かと雑な印象です。まず公式パートナー企業の店舗で配布する参加券が必要な点。案の定、7月26(木)の参加券を配布したSoftBankには希望者が殺到し、その日のイベント自体が流れてしまいました。

その後、マクドナルドやイオンではSoftBankのようなトラブルこそなかったようだけど、あっという間に券の配布が終了するも、メルカリやヤフオクに大量出品されているそうで。残念な話ですよね。それらが売れ残れば参加希望者に行き渡らないのだから。

また今日の午後にはジョイフルでの配布が予定されています。該当時間帯に500円以上の飲食が必要とのこと。私の家の近くにも店舗があるけど、ジョイフルは先日、衆院厚生労働委員会で肺がん患者に対して「いい加減にしろ」と暴言を吐いて問題になった自民党の穴見陽一議員の親族が経営する企業。Pokémon GOの参加券目当てでも利用したくはないやな。

そんなわけで私は参加券を未入手できないまま。でもまあこのイベントには参加できなくてもいいけど。アンノーンは何体か持っているし(A/H/K/M/O/Y)、アルフファベットをコンプリートする気もないので。色違いのゼニガメも8月4日に延期されたCommunity Dayでゲットできるはずです。そもそもゲームに対してあんまり前のめりになるのもどうかと思うし。

ただし、イベントの運営に関しては結構気になるところがあって、なんともお粗末だと言わざるを得ません。6月のCommunity Dayではシステムトラブルが起きたのでイベント参加者の数を限定したいのは解るけど、Google傘下なのだし、来月末の横須賀のイベントのように参加者の募集はWebサイトを介すればいいのに。もしくはアプリ内に機能を組み込んでしまうとか。そうすれば転売を防げるし、参加者数の調整もしやすいのだし。

ポケ活

先日ポケモンGOの交換機能が始まり、特に問題もなさそうなので自身のトレーナーコードを公開することにしました。私のトレーナーコードは「2184 6931 3301」。来るものは拒まず。どなたでも、良かったら私とポケフレンドになってください。他の人に紹介してもらっても構いません。その場合、Facebookなどに連絡をくださいな。ポケモン交換のために連絡を取り合う必要があるみたいだから。

My Pokemon Go Trainer Code

ちなみに私のポケデックスは現在、捕まえた数361種、見つけた数369種です。今はフライゴンに進化させるべくナックラーを連れて歩いています。

今夜発表されるべきもの

米国で3月27日、日本だと28日に当たる明日、Appleがイベントを開催して新製品を発表するようです。

Appleのイベントのバナー

教育分野に焦点を当てているようで、噂によれば本命が廉価版iPad。他にもMacBookのエントリークラス機やiPhone SEの新モデルの登場が予想されています。

でも個人的には是非ともMac miniのモデルチェンジを期待したいところ。学校教育の場ではプログラミングが重視されるようになってきているけど、さすがにiPadやiPhoneではやりづらいし、MacBookは高価になりがちなので。

その点、Mac miniなら学校が導入済みの液晶ディスプレイを流用すれば導入稿ストを抑えられ、Windowsからの乗り換えも促せるので。そう、時代の主役はモバイル。そしてAndroidアプリはともかくiOSアプリを作るにはMacが必要なわけだし、もはやWindows Phoneが台頭する可能性は皆無に等しいのだから、ここで新しいMac miniを出せば学校関係者に「Win PCをMacに置き換えませんか?」とアピールできますよね。

ガチャピン

先週の土曜日、ポケモンGOのCommunity eventで増殖発生したミニリュウを182匹ほど捕まえました。その内、色違いが10匹です。

ミニリュウ

このピンクのミニリュウを進化させるとピンクのハクリューに。

ハクリュー

ならばカイリューもピンクかと思いきやグリーンでしたね。

カイリュー

よってガチャピンと名付けました。 でも、「この期間にゲットしたミニリュウを進化させたら『りゅうせいぐん』を覚える」のだとばかり思ってたけど、 正しくは「この期間にゲットして進化させたら」だそうで。当日にやらないとダメだったわけだ。やり損ねました。

てなわけでこのガチャピンは『はかいこうせん』止まりです。つまり旧来のカイリュウとは色が違うだけ。 ま、いいけど。そんなに気合い入れてゲームやってるわけじゃないから。

というか、ポケモンGO、今度こそ飽きてきたかも。もうレイドバトルも滅多にやらなくなったし。

NHKの受信料カツアゲへの対抗手段

最高裁でテレビさえ持っていればNHK受信料請求の対象となる判決が下りました。しかもテレビを設置した時点に遡って支払い義務があるとのこと。予想通りとはいえ釈然としないですよね。

せっかくB-CASカードの仕組みがあるのだから、NHKもWOWOWみたいにスクランブル放送にすればいいものを。公共放送を自負するなら災害時だけスクランブルを外せばいいし。あるいは、いっそ税金として徴収し、代わりに職員の待遇を公務員並みに引き下げて完全な国営放送化とするか。

まあ、どちらも実現は不可能でしょう。かつて「郵政民営化」を掲げた小泉純一郎元総理のような「NHK改革」を訴える有力議員が現れ、総理大臣になるとは考えにくいので、政治に期待しても無駄です。

そこで私は以下のような展開が望ましいと思います。

  • 民放各局が視聴アプリを合同で開発し、リリースする

すてに東京MXは放送と同じ内容(一部カットされるけど)を無料アプリで見られるようにしています。あれを民放の全局がやってしまえばいいと。民法にはすでにTVerなんて仕組みもあるわけだし。

もちろん番組の視聴は無料です。ただし、見逃し番組や過去の番組ライブラリのオンデマンド視聴は有料にしてもいいでしょう。

スマホやタブレットでテレビ番組を見られるようになればテレビを捨てる人も大勢出て来ます。受像器がなければNHK受信料も払わなくてよくなるので。つまり民放局は巨大すぎるライバルNHKを視聴者が見る手段を奪うとともに、資金源を削ぐことができるわけです。

それに、放送なら録画した動画をネットに違法アップロードされてしまうけど、アプリによる視聴が当たり前になれば、その抑制としても有効です。「月1,000円の定額で全局の過去ライブラリが見放題」とかになれば、大抵の人はネットで違法コンテンツを探すより公式コンテンツを合法的に視聴する方を選ぶだろうから。DVD化による収益は見込めなくなるけど。

NHKのロゴ