写真集制作

制作代行

FROGFISH.JP(代表:よがたみちあき)は写真集およびフォトエッセイの電子書籍制作を代行いたします。

Photograph collection banner

制作できるフォーマットは以下の通りです。

※ EPUBの場合、一部の表示環境でテキスト表示が崩れる現象が確認されています。

お問い合わせはこちらのページからどうぞ。

FROGFISH.JPが目指すところ

FROGFISH.JPの主なターゲットは「写真集を出したいが、電子書籍の作成は不得手な人」です。世の中、写真を仕事や趣味にする人は多いものの、その中で電子書籍を作るのも得意な人は限られているので。

書籍の制作は奥が深く技術も日進月歩ですが、比較的シンプルな構成の写真集を短期間かつ安価で制作し、多くの人にご利用いただくことを目指します。こちらのマスコットが付いた写真集がたくさん世に出回ることを願っています。

mascot of FROGFISH.JP

背景

今日では誰もが枚数無制限に写真を撮れるようになりました。

もちろん写真の楽しみ方は人それぞれです。大きくプリントして壁に飾るもよし。家族や友人に送って話題にしたりSNSやblogで紹介してコメントを書き込みあうのも楽しいですよね。

でも、中には気合いを入れて撮った写真を作品として世に送り出したい人もいるはずです。私もそうでした。とはいえ無名のアマチュア写真家にすぎない私にとって印刷物の写真集出版は夢のまた夢。自費出版はできるけど、在庫の山を抱えての手売りはちょっと勘弁。

そこで制作したのが電子書籍の『FROGFISH.JP』です。電子書籍ならコストゼロで世界中に配布・販売できます。写真には言語の壁もありません。

その後、電子書籍写真集の制作は副業として成り立つのではないかと思い、この度ビジネス化しました。世界的なストアでの販売開始までをお手伝いさせていただきます。

個人でも団体でも構いません。「写真集は出したいけど電子書籍を作るのは苦手」という皆様に利用していただければ幸いです。例えばダイビングショップが「我々がガイドする海ではこんな生物が見られますよ」というパンフレット替わりに制作して配布してはいかがでしょうか?

電子書籍の魅力

電子書籍の魅力は「作品感を出せる」です。

SNSを使ったオンラインの写真集は誰でも簡単に作れる反面、表示フォーマットが画一的だし、無料の閲覧が前提なので「共有物」「買うには値しないモノ」として扱われがちです。

でも電子書籍なら表現の独自性を追求したり、販売もできます。

また、Facebookに鉄道の写真をアップロードしても友達の中に鉄道好きがいなければ誰も「いいね!」をしてくれず、拡散効果もありません。

一方、電子書籍なら面識のない鉄道好きの誰かが検索して見つけてくれるかもしれません。あるいは他者の鉄道写真集の関連書籍として注目してもらえる可能性もあります。

オフライン環境(Wi-Fiが通っていない飛行機内など)で見られるのも電子書籍の利点です。

よって作品として世に出したい写真は電子書籍の写真集にまとめることをお勧めします。

セルフ・パブリッシングのすすめ

出版社の力を借りずに本を出すことを「セルフ・パブリッシング(Self Publishing)」といいます。

セルフ・パブリッシングの利点は何といっても出版社の意向にとらわれないところ。出版社からお声がかかることのない無名の人でも世界的な電子書籍ストアで自身の本を配布・販売できます。

あるいは著名な写真家や作家であっても出版社とのすり合わせで泣く泣く割愛せざるを得なかった写真や、お蔵入りとなった企画などにも日の目を当てられます。

プロの編集者やグラフィックデザイナーの手が入らない分、書店に並ぶ書籍のような完成度とはいかないものの、ご自身が制作の主導権を握って作品を作り、世に送り出すワクワク感は得られるはずです。

参考ページ