PENTAXもミラーレスカメラを発売?

PENTAX Korejanai-Model本日、日経新聞が「HOYA、小型一眼デジカメ参入」と報じました。前々から何度も噂になっていましたが、ようやく決まったのでしょうか。

記事には「ミラーレス機構」とあるものの、それ以外の仕様は不明確。私の最大の関心事はもちろん採用規格です。果たしてPENTAXブランドのミラーレス機はPanasonic & Olympusが率いるマイクロフォーサーズなのか、それともAPS-CでSONYのEマウントを採用するのか。まさか独自路線ってことはないかと…。

以前の噂通りならマイクロフォーサーズですが、NEX-5は国内外で相当売れたとも聞きますし、ここはレンズラインナップの手薄なSONYと組んで相乗効果と一定のプレゼンスの確保を狙う方が面白いですよね。

いや、事はそう単純ではないのかな。なにしろトップ2が後ろに控えていますので。CanonもNikonもミラーレス機の研究開発はしているはず。そして、ミラーレス機がスタンダード一眼の売れ行きを脅かす存在となり得る(既になっている)と判断すれば、いよいよ両社も新機軸の製品を投入してくることでしょう。その場合、CanonやNikonが他社先導の規格に合流できるものか…。下手をすると四つ巴の勢力争いです。もちろんCanonもNikonもミラーレスを投入しない可能性もあります。PENTAXあたりはどう立ち回るべきか悩ましいところでしょうね。

速報を楽しみに待つことにします。

今年はDiving Resort Travel Expoとマリンダイビングフェアが同日開催!

DRT EXPOのバナー日本では知るひとぞ知るイベントかと思うのですが、毎年ダイビングリゾートトラベルエクスポ(Diving Resort Travel Expo)が香港で開催されています。一応、アジア最大のダイビング系イベントのようです。10年くらい前は盛況だったダイビングフェスティバルも年々規模が縮小され、今ではこぢんまりとした規模のダイブビズショーに形を変えましたしね。

今年のDiving Resort Travel Expoは7月8〜10日。そう、延期になったマリンダイビングフェアと同じ日程です。差し当たり私は香港に出向くほどでもありませんので、日程が重なろうが構わないのですが、ただでさえ震災と日程変更の煽りで出店キャンセルが相次いだマリンダイビングフェアの出展内容には影響が出そうな気がします。

例えばフィッシュアイが扱うNauticam(ノーティカム)の水中ハウジング。Nauticam製Panasonic LUMIX DMC-GH2用ハウジングは米国で発売されたはずなので実物が展示されるかもしれませんが、次回作の大本命と思われるCanon EOS Kiss X5用ハウジングの展示は怪しいでしょう。

NA-600Dハウジングのイメージ図

同社(というかハウジングメーカー各社)がEOS Kiss X5用を開発していないとは考えにくいものの、7月初旬の時点で試作機が1個しかでき上がっていなければ、当然、香港のイベントに回されてしまいます。Nauticamにとっては本国ですし、富裕層が増えたことで中国人ダイバーも増えてきていますので。

Panasonicは水中ハウジングメーカー泣かせだ

LUMIX GF3

PanasonicからLUMIX DMC-GF3が発表されました。前モデルのGF2が半年前に発売されたばかりなのに、ひところのコンデジ並のモデルチェンジの早さです。さほど大きな進歩はないものの、最近GF2を買った人は愕然としているかもしれません。

そして困っているのは水中ハウジングメーカーかな。さしあたりPanasonicとは懇意でGF1用を発売していたINONあたりは対応ハウジングを準備中だったのではなかろうかと(未確認ですが)。で、発売にこぎ着けない内にモデルチェンジ。GF3路線に変更するにしても、サイズや操作機構も異なるのでまるっきり設計のし直しです。

一眼系カメラメーカーとしては圧倒的に後発なので数を打ちたいのも解らなくはないですが、こうポンポン新モデルを投入されては「定番感」が生まれません。

LUMIX G3というか今回同時発表(国内)となったLUMIX DMC-G3は果たして必用なのか疑問です。位置づけとしてはGH2の下位モデルですよね。半年置きにGシリーズとGHシリーズで交互にモデルチェンジするのはいかがなものかと。

いや、同社最上位のGHシリーズの方をテコ入れするべきかな。やや大型にしてホールド感を良くしつつ、より大型のバッテリを採用するような感じで。

ともかく水中カメラを検討している人から言わせてもらえばハウジングが発売された頃にはモデルチェンジでは敵いません。もう少しサイクルを長くするか、あるいはINONなどにモックを早く渡して開発を先行させ、製品発表時には他社製オプションとして対応水中ハウジングを発表するようなことをして欲しいものです。

それとレンズの充実。特にマクロ、60mm〜75mmあたりを早急に…。


Panasonic デジタル一眼カメラ LUMIX GF3 レンズキット エスプリブラック DMC-GF3C-K

キャノンのドキュメントスキャナの新製品

実は私もドキュメントスキャナを買いたいと思っているものの、良い製品がないのでお預けになっていたのですが、先週キャノンから新しいドキュメントスキャナimageFORMULA DR-C125が登場しました。

キャノンのドキュメントスキャナ

私がドキュメントスキャナで重要視するのは、

  • 給紙スタッカに50枚ぐらい挿せること
  • 複数枚給紙したときやジャムった時の対処が簡単であること
  • 余計なアプリの添付で販売価格が上がってなさそうなこと

公開されているスペック表にはスタッカの給紙能力は書かれていないようなのですが()、どうなのでしょうかね。

ちなみにベストセラー機のScanSnapはスペック的には申し分ないものの、発売されて久しいのとAcrobat同梱(私は持っているので要らない)で割高感がある点がネック。Acrobat別売で少しスペックが上がった新モデルを出してくれると良いのですが。

DR-C125の予想価格は45,000円ぐらいとのこと。ちと高いので、もうしばらく様子見してみましょうかね。


Canon imageFORMULA DR-C125
A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚
重送軽減リタードローラー採用
Uターン排紙省スペース設計モデル

※ と書いてからAmazonの広告(↑)を貼ってみたら30枚と書いてありました。ちょっと物足りないなぁ。

X-MEN ファースト・ジェネレーション

映画『X-MEN ファースト・ジェネレーション(原題:X-MEN First Class)』を見てきました。実は二年ぐらい前、制作の噂が出たときから楽しみにしていたのにうっかり沖縄行きを入れてしまい、初日に見損ねたのですよね。

さて、以下は本作のネタバレ大量です。まだ見ていない人は読まないでおくべきでしょう。

◆◆◆

X-MENシリーズの第5作目は前作のクライマックスよりもさらに前の時代、キューバ危機(1962年)の頃の物語です。過去にたもとを分かち、敵同士でありながら互いに友情を持ち続けているプロフェッサーXとマグニートーの若き日の出来事が描かれています。私が昔のアニメ作品などで断片的に知り得た限りのX-MENとはいくつもの設定が変えられていますね。

Professor XMagneto

若き日のチャールズ・エグゼビアはジャン・リュック・ピカード艦長然とした晩年のプロフェッサーXとは違って随分チャラい感じです。対照的に若きエリック・レーンシャーはミュータントパワーこそ未開発であるもののマグニートーそのもの。なにしろ強制収容という強烈に暗い過去を背負っていますので。

裕福な家庭に生まれ、知性にも恵まれ、幼い頃に自身のテレパシー能力に気付いていたチャールズは、エリックを含む他のミュータントの教師役を買って出ます。

Mystique本作で最も重要な役割を担ったのがレイブン(後のミスティーク)でしょう。彼女はチャールズの妹として育ちます。あまり必然性のない設定のように思えますが、「ミュータントは誇り」「ありのままを受け入れよう」というレディー・ガガ的な思想でもってマグニートーに寄り添うことになる心の揺れ、振れ幅を体現しているのですよね。ちなみに半世紀後、変身能力を失ってもスーパーモデル級の容姿を保っていられた理由が明かされました。特殊な細胞を持つ彼女の場合、老化のスピードが遅いのだそうで。

Dr.Mactaggert次に驚くのがモイラ・マクタガート女史。本作ではなんとCIAの諜報員でした。3作目にもマクタガート博士として登場してましたし、てっきりお医者さんだと思っていたのですが、医官的な諜報員でしょうか。わざわざ同姓同名の別人ってことはないでしょうから、騒動に巻き込まれ、チャールズと親しくなったことでミュータント問題に取り組むべくCIAを退職して遺伝子学者になった秀才といった感じでしょうかね。

HAVOKそれから親子シリーズが三組。まずアレックス・サマーズ(ハボック)は原作ではスコット・サマーズ(サイクロップス)の弟ですが本作では親世代として登場します。同じサマーズ姓でやはり赤色の破壊光線(オプティックブラスト)を放つので、父親への設定変更でしょう。自分の意志で破壊光線を発射できる分、サイクロップスよりも洗練されているとも言えましょう。

VANSHEE同様にバンシーが第2作目に出てきたサイリーン(学園が襲撃を受けた際、超音波を伴って叫んでいた少女)の父親となるはずです。こちらは父娘でまったく同じパワーかな。

さらにもう一人、アザゼルがナイトクローラーの父親ってのも決まりですね。母親はもちろんミスティークで、この点は原作通り。悪魔的な外見とは裏腹に誰よりも善良な心を持った息子は父からはテレポート能力と器用な尻尾を、母親からは異形の姿と青い皮膚を受け継ぎました。

AZAZEL

SHAWそして圧巻はセバスチャン・ショウ。チャールズやエリックよりも上の世代のミュータントです。正直、私は途中までエリックが彼を憎む理由が解りませんでした。エリックがアルゼンチンでナチの残党二人を私刑し、ナントカ号って船を襲撃するくだりでも「何で?」と。なるほど、アウシュビッツでエリックの母を射殺したメガネのあいつがセバスチャン・ショウだったのですか(私はしばらく経たないとガイジンの見分けが付かないもので…)。ああ、だからこそショウはエリックのミュータントパワーにも動じず着目し、能力を開発しようとしたのですね。「自分はナチとは違う」という発言にも納得です。同じ選民思想でも支配者階級は金髪碧眼のアーリア人種ではなく自分たちミュータントであると。悲しいかな彼の地位とテレパシー遮断ヘルメットはマグニートーに奪われてしまいますが。

ちょっと解りにくいのは、爆発、破壊光線、銃弾、打撃とあらゆる物理的攻撃が通じないショウが突如無力化された点。エリックがショウのヘルメットを奪うことに成功したので、チャールズが遠隔地からフリーズの技をかけたのですね。第2作目の自然史博物館で来場者全員を固めたあれで。

そして終盤にチャールズが背中に銃弾を受け、下半身不随になって後の物語に繋がります。一つ大きな矛盾は第4作目でフェニックスパワーを秘めた少女ジーン・グレイを訪ねた際の彼はまだ歩けてたこと。どっちかって言うと前作の方の設定ミスでしょうが。

で、私の感想を言うと「終盤は盛り上がって面白かった」です。違う言い方をすると「前半は凡庸」かな。CIAでチャールズが皆に稽古をつけているあたりまでは割と退屈な感じだったなぁと。でも、一通り把握してからまた見返すと違う印象になりそうな気がしますが。

途中、ウルヴァリンは実に解りやすく登場したもののスタン・リーの姿は見つけられませんでした。今回もどこかに出演していると思うので、DVDが出たら改めて探してみるつもりです。


ウルヴァリン:X-MEN ZERO クアドリロジー ブルーレイBOX
〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕 [Blu-ray]