弾丸ツアーで海外の海に潜りたい!

2011年も残すところ11ヶ月…。潜り始めがまだの私はそろそろどこかの海に行きたいところ。一応3月の連休にはフィリピンのレイテ島に行く予定ですが、それ以降は未定。てなわけで4月以降のツアーを物色中です。

条件は弾丸ツアー。日程が長くなると仲間内で休みを合わせるのが難しいので。早朝便で行く2泊3日の沖縄でも良いのですが、せっかく羽田から国際便が飛ぶようになったので、これを利用しない手はなかろうと。

希望は木曜日の夜に羽田に集合。金曜日の0:30頃のフライトで飛んで朝には入国。そこから車か国内線で移動して昼前後にはダイビングサービスに到着。その日と次の日で4~6ダイブほど潜り、帰りも最終日の23時前後に羽田に帰り着くような感じ。名目は4日でも実質3日間の強行軍ですね。

さて、羽田就航航空会社のラインナップを見ると目ぼしいダイビングポイントに近そうな都市はクアラルンプール、コタキナバル、シンガポール、バンコク、そしてホノルル。この内もっとも手ごろそうなのはバンコク経由のタオ島あたりでしょうか。

そんな折り、街の旅行代理店で「羽田発着 シンガポール航空航空で行く週末プーケット島4日間 5.98万円(燃油サーチャージ含む)」というチラシを発見。ダイビング費は別途ですが、まあ良さそうな気がします。

が、読み進めてガッカリ。羽田6:25発でプーケットに着くのが17:10。妙な時間に集合させられた上に初日を丸々移動に取られるわけです。このパターンにするくらいなら行き慣れていて知人もいるセブにするなぁ。あるいはどうせ木曜日も休むんなら水曜日の夜中に出発する実質4日間ツアーか…。

てなわけで、休みが自由に取りづらい人向けに各旅行会社が「実質3日間で2日潜れる海外ダイビングツアー」なんてカテゴリを作ってくれると物色しやすくなってあり難いです。4月のマリンダイビングフェアでリクエストしてみようかな。

AndroidがiPhoneに勝つんだという妄言

AndroidがSymbianやiOSを抑えて世界のスマートフォンOSのシェアでトップに立ったようですね。

なるほどAndroid対iPhoneは多勢に無勢。かつてのWindows対Macのような構図にも見えます。

ただし決定的に違う点が。Windowsアプリは基本的にどのメーカーのPCだろうが自作機だろうが普遍的に動いたわけですが(Microsoftが最も注力していたところなので)、Androidではそうはいきませんよね?同じAndroid搭載だからといって、他で動いているAndroidアプリが動くとは限らないわけです。うろ覚えですが確かMS-DOSの時代にはそんなこともあったような…。

まあ、数の上ではAndroidがiPhoneを遥かに凌駕するかもしれません。でもユーザの満足度やらアプリ市場の賑わい、そして何よりもメーカーの収益性には雲泥の差が出るのでしょう。


NGPって…

SONYのPSPの次世代機「Next Generation Portable」が発表されました。略称はNGPだそうです。パプアニューギニアかと思った…。

それにしてもしっくり来ない名前。いくらなんでもPortableはないでしょうに。だったら「PSP Next Generation」の方が良かったのでは?スタートレックの人気シリーズみたいに。

ま、NGPってのはコードネームらしいので、発売時までにはもう少しいい感じの正式名を冠しておいてくれればいいか。

ダイブビズショー2011

ダイビング総合ビジネス展ダイブビズショー2011に行ってきました。昨年までは「ダイビングフェスティバル」の名称で東京ビッグサイトで開催されていたイベントのリニューアルスタート第一回目ですね。

私のお目当てはカメラ関連機材の新製品情報収集。まず入り口から入って右側に進むとAQCUAPAZZAがブースを構えていました。

AQCUAPAZZA製品一覧

AQCUAPAZZAはカラフルなハウジングを並べていて圧巻でしたが新作はなし。昨秋、しばらくは本業が忙しいくなると言ってましたからね。

その隣のブースはINON。こちらは新製品を展示していました。水中マイクロ魚眼レンズです。それを聞いただけで解ると思いますが、簡単に言うと「ウミウシのどアップを撮りつつ背景も入れる」といった感じの絵が作れるようになる代物です。

INON水中マイクロ魚眼レンズ

INON水中マイクロ魚眼レンズの写り方

ただし、スタッフの方が「焦点距離を85mmに設定してから…」と言っていたので、展示に使っていたPowerShot S95以外のカメラでも無難に使えるものなのかは解りません。ともかく3月ぐらいに発売予定だそうです。

RECSEA(Seetool)も未知の新製品の展示はなかったようです。ずいぶん前にアナウンスしたα55用ハウジングの開発は止めちゃったのでしょうかね。もっとも私の中ではもう関心がなくなったので訊ねませんでした。αレンズ、フォーカスリングを回すとマクロレンズが50mmほども伸びるのでは…。

SEA&SEAはLEDライトの新製品を展示していました。

SOLAシリーズ機種一覧

ビデオライト2機種(写真両端)、フォトライト2機種(写真中央の2台)を展示。フォトライトはLED4灯が白色光のみで、10灯タイプの方は赤色光を照らすこともできます。エビ用(?)ですね。

これらのライトの良いところは全長約10cmとコンパクトなこと。そしてリチウムイオンバッテリー搭載で、しかも筐体の後部に充電ポートを備えていること。つまり、単にプラグを差すだけで充電でき、筐体は一切開ける必要がありません。

SOLAシリーズの充電方法

価格は6万円台と中堅クラスですが、これまでで最も取り扱いが楽なLEDライトと言えそうです。

その向かいのUEMISも「X-ray」なるLEDライトを展示していました。

X-rayライト

このライト、まるでライトセーバーの様な太い光が遠くまで届きます。16,000円とお値段も手ごろです。ただし、この通りヘッドが大きいのでカメラのハウジングに取り付けるのは苦労しそうですが。まあ撮影用ではないのでしょう。

カメラ機材ではないものの、ちょっと気になったのが村上商事ブースの「Aqua Paint(アクアペイント)」。

アクアペイント

これまでもフィンなどにペイントできる立体塗料は販売されていましたが、いかんせん見栄え良く描くには絵心が必要でした。でもこのAqua Paintはラメ入りのマニキュアみたいな感じ(もちろん刷毛付き)なので、ステンシルテンプレートを使えば誰でも美しい模様を塗り上げることができそう。これは今年流行りそうなアイテムです。

最後は今回私が一番楽しみにしていたFisheyeのブース。ありましたNauticam(ノーティカム) D7000ハウジングが(写真右)。

Nauticam D7000ハウジング & EOS Kiss X4用

今日(1/27)発売だそうです。参考までにCanon EOS Kiss X4用(写真左)と並べてみました。この通りD7000の方が一回り大きいです。まあ、カメラ自体のサイズもそうですしね。

D7000用、ギミック的にはKiss X4用(Nauticam製一眼レフ用ハウジングの前作)とほぼ同じかと思っていたら、結構違ってますね。最も顕著な箇所はリアパネル右上のグリグリ。

Naticam D7000ハウジングのグリグリ

Nauticam D7000ハウジング & 60D用

D7000が550Dよりも5万5千円高いのは、サイズ、原材料費の高騰、そしてこのグリグリが付いたからだそうな。操作箇所もエントリ機のEOS Kiss X4よりミドル機のD7000の方が多いですしね。ちなみにD7000の隣には、更なる新作Canon 60D用ハウジング(2月発売?)もこっそり置かれていました。

また、Fisyeyeのブースには同じくNauticam製のPanasonic Lumix LX5用ハウジングも展示されていました。なんでも昨日届いたばかりだそうです。相変わらずNauticamは仕事が遅いよなぁ。

Nauticam製Panasonic Lumix LX5用ハウジング

ちょっと触っただけですが、コンデジ用ハウジングとしては大ぶりなので、前面に付いていて垂直に押し込むシャッターボタンには慣れが必要だと感じました。人さし指で無理なく押さえるには、握り方を工夫しないと辛そうです。

で、総括。今回から業界向けイベントとしての再スタートとなったDIVE BIZ SHOWですが、出展者がそのつもりでブースを構えているため、おおむね良い感じだったと思います。イベントが定着すれば、どのメーカーもこの時期までに新しいカタログを作るようになるでしょうし。