iMac死す(3)

故障したiMacはセーフブートモードでなら起動できるけど、動画再生ができないだけでなく音声も出ないので事実上のWeb専用機となっています。画面には黄色いストライプも出たままだし。

ビデオカードが故障したiMaの画面

他に私が持っているのはMacBook Air(2010)のみ。こちらはメモリが4GBでかなり非力だけどセーフブートのiMacよりはパワフル。もちろん動画再生も可能です。ただし画面が狭すぎるのが難点(11.6インチ、1,366 x 768ピクセル)。それに、こちらも9年目なのでいつまで使えるか不安です。

よって新しい環境を模索中だけど、なるべく出費を最小に抑えたいところ。もはや単純な作業はiPadとiPhoneで十分なのだから。

選択肢は以下。

1)iMacを修理する

いくつかの業者に見積もりを頼んだらビデオカード交換の費用は概ね5~6万円とのこと。加えて送料もかかるので見込み6.5万円ってとこですね。Mac miniの下位機種を買ってもお釣りがくる値段です。

それにこのiMacは購入後10年目なので、ここでビデオカードを直してもそれ以外の箇所がいつ故障しないとも限りません。実際、数年前から内臓のDVDドライブは使えなくなっています。

また、macOS High SierraのサポートiMacは「Late 2009以降」。すでに最新OSが動く最古のiMacなので、今秋に出るであろう次のバージョンで切り捨てられる可能性があります。そうなると半年後には新しいマシンが欲しくなることでしょう。

しかもこのiMacの重量は13.8kg(最近のiMacの2倍)もあって模様替えや掃除の際には取り回しが面倒だし、最大電力消費量は365Wもあります(現行の27インチモデルは217W)。

よって性能的には約10年前のこのマシンでも必要十分だとしても、修理して延命させるだけの価値があるかは微妙なところです。シロモノ家電同様、十年ほど使えばお役御免と考えるのが妥当かも。ハードウエア性能が順調に伸びていた昔はパソコンなんて1年半ごとに買い換えるものだったし。

2)iMacを買い換える

思い切ってiMacを買い換えるプラン。でもどの機種も今の私にはオーバースペックのような。そう、3Dゲームや4Kビデオ編集などの重たい作業をやらない人にとっては、もはやパソコンなんてローエンド機でも事足りてしまうのですよね。せいぜい搭載メモリを増やすくらいでOKかと。

実際、私がMacでやる作業といえば、写真のRAW現像と編集、イラスト作成、DTP、Webサイトの作成や更新ぐらい。それと動画再生か(せいぜいHD止まり)。よって9年落ちのiMacの性能でも十分だったわけです。

確かに現行のiMac(27インチモデル)の5,120 x 2,880ピクセルという驚異的な解像度は気になるけど最大解像度だと文字が小さすぎるので結局は解像度を落として使うことになるだろうし。

2009年に27インチモデルのiMac(当時は驚異的な解像度だった)が出た時には飛びついたけど(渋谷のApple Storeまで買いに行った)、もう今のiMacには食指が動きません。価格も高いし。

3)液晶モニタだけ購入する

iMacを修理せず、代わりに液晶モニタを導入して手持ちのMacBook Airを繋ぐ方法。MacBook Airの外部出力解像度は2,560 × 1,600ピクセルなのでまずまず。先々MacBook Airが潰れても液晶モニタは他に転用できます。ちなみにこの機種もmacOS High Sierraが動く最古のMacBook Airです。

32インチの4Kモニタ、KEIAN KWIN-4K32Bなら3万円台、よりハイスペックなAcer ET322QKwmiipxでもiMacのビデオカード交換代金よりも安く買えます。

ただし、昔、MacBookでAperture(かつてのApple純正写真管理編集アプリ)を使ったRAW現像を試みたものの使い物にならなかったような。今の写真(英語名「Phontos」)アプリが満足に動くか試さないとな。いや、RAWファイルではなくJPEGをメインに扱えばいいか。代表作候補とまではいかずblogに載せる程度の写真はそれで十分なのだから。

4)Mac mini+液晶モニタを購入する

Mac miniは必要十分志向の私にはぴったりな機種だけど、現行のMac miniは2014年モデル。USB Type-Cにすら対応しておらず、どう考えても今は買い時ではありません。AppleのクックCEOも近々モデルチェンジするようなことを匂わせていたし。いずれ妥当なスペックで登場すれば買うだろうけど、それまでは待ちが妥当です。

5)MacBook + 液晶モニタを購入する

MacBook Airが非力すぎるけどMac miniを待ちきれないならMacBookにするのも手ですね。

でも今のところラップトップ機を新調する気はないのでパス。

よって本命は3)だな。

WiMAX業者を比較

ひかりTVを解約し、その勢いでフレッツひかりも解約しました。なにしろNTTぷららが最悪の業者だったので。

他社のひかり回線に乗り換えてもよかったけど、サービスの差異を見極めるのが骨だし、高解像度の動画を見まくるわけでもないので、この際光回線でなくてもいいかなと。端的に言えばWiMAXに乗り換えるのがよかろうと。

気になるのは提供会社。検索するとGMOのとくとくBBとBroadWiMAXが2トップのようで。

とくとくBBは契約開始から11ヶ月目に多額のキャッシュバックがあり、2年ないし3年のトータルで最安になるのだとか。もちろん最初に支払う端末代もありません。

とくとくBB

対するBroadWiMAXはキャッシュバックの制度がない代わりに月々の利用料金を抑えているようです。今なら端末代が0円のキャンペーン中だし。

BroadWiMAX

単純に比較すればとくとくBBの方が安いらしいけど、一つ引っかかるのが解約金。とくとくBBは2年ないし3年の縛り期間中に解約する場合は違約金が24,000円かかるそうで。対してBroadWiMAXは以下の通りだそうな。

0ヶ月目~12ヶ月以内の解約は\19,000(税抜)
13ヶ月~24ヶ月以内の解約は\14,000(税抜)
25か月目以降の解約は\9,500(税抜)が発生いたします。
更新月(解約費用がかからない月)は37か月目となっております。

2年以内の解約で1万円安いならBroadWiMAXの方が得策かな。私は先々、半リタイヤでフィリピンあたりに移住したいと思っているので、2年間丸々契約を継続できるかはわからないから。

と思いきや、BroadWiMAXの契約には以下の付帯項目がありました。

18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。よろしければ下記URLもご参照くださいませ。

http://support.broad-isp.jp/wimax/status/term.php

18,857円割引キャンペーンってのは端末代0円のこと。つまり今申し込んで1年以内の解約だと28,500円、2年以内でも23,500円、3年以内でも18,500円の違約金が発生するわけです。仮に2年以内に解約した場合、違約金の額は500円しか違いません。

それにとくとくBBなら2年契約が選べるけどBroadWiMAXは3年契約のみ。

てなわけで、3年も契約を続けられないかもしれない人にとっては、とくとくBBの方が良さげです。

もっとも違約金まで含めればフレッツひかりを継続するのが妥当だったかもしれないのだけど、ぷららにこれ以上関わってお金を払いたくはないので。

名残のダンゴウオ

4月1日(日)、川奈で撮影したダンゴウオ。

川奈のダンゴウオ2018

2年前は4月に入っても天使の個体が見られてたけど(1年前は親魚すらまったく出現せず)、今年はすでに海水温が16℃まで上がったためダンゴウオもまばら。この日見かけた個体も輪っかが消えて久しい体長1cm級が数匹のみでした。全国で桜が1週間ほど早く開花したのと同様、海水温の上昇も早かったようです。

今年の川奈ではこれで見納めだな。

イオンモバイルSIMを解約

イオンモバイルのSIMを解約しました。データ通信枠4TBで月額1,600円、留守電機能をつけても約2,000円なので気に入っていたのだけど、ビックSIM(IIJ)の「6TBで1,300円(1年間)、初期費用1円」というキャンペーンを見つけたので。

BIC SIM

イオンモバイルSIMを解約(MNP転出)するにはイオンモバイルに電話をかける必要があり、MNP転出の予約番号はメッセージで送られてくるかと思いきや、利用者向けWeb内の深いところにいつの間にか表示される方式のようで。こういうところは安かろう悪かろう。せめてログイン直後のお知らせとして表示してくれればいいものを。

さて、予約番号取得後、BICカメラ新宿店に出向いて手続き。申し込みから開通まで1時間強かかったものの、無事移行が完了。2GB増えて300円安くなるだけでなく、Wi2 300のW-Fiが無料で使えるようにます。ビックSIMの注意点は12ヶ月の縛りがあることぐらいだけど、解約月の制度はないので、1年使った後はいつでも違約金なしに解約できます。だったら乗り換えない手はないですね。

今のところイオンモバイルのSIMよりも劣る点は、対面で手続きができる店舗が少ない点くらいかな。

iMac死す(2)

ビデオカードが再び故障したと思われる私のiMac、前回は38,000円だったビデオカード交換代金がいくらになるかをAppleに尋ねたところ「2009年モデルのiMacは修理受付が終了している」との返答。私のiMac、てっきり2011年モデルだと思っていたけど実際は2009年モデルだったようで。そうかもう10年目だったのか…。

ビデオカードが故障したiMaの画面

以下、すでに修理受付が終了した「ビンテージ機」の一覧です。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201624

確かに私のiMacも含まれています。というか、2011年モデルも同じく修理不可ですね。

さて、どうしたものか。さしあたり民間の修理会社に問い合わてみるか。金額次第では買い換えたほうがいいから、その場合は1TBのHDDを抜いて廃棄かな。パソコンなんて10年近く使えば寿命だよな。