平成の終わり

今上天皇の退位の日取りが決まりました。2019年の4月30日をもって平成が終わります。平成31年度はわずか1ヶ月しかないし、来年末の方がもっと受け入れ易かったのだけど…。

小渕官房長官による元号「平成」の発表
AERAのサイトより

とはいえ陛下の身に一大事があれば前倒しになるのだから、是非ともその日まで、願わくばそれ以降も長くお元気でいていただきたいと思います。ちなみに私は今上陛下が上皇となられた後、お一人の魚類学者として、さかなクンらと対談がなされることを密かに期待しています。ネット系のTVで放送してほしいな。

でも、皇太子の誕生日は2月23日だから2019年は天皇誕生日がないのですね。12月23日は「平成の日」として祝日のままになるだろうけど。

さて、幸いなことに次の天皇と皇子はご健在なので、気になるのは次の次。順調に進めば浩宮様の即位年齢が59歳。約30年勤められるとして次が5歳下の秋篠宮様ならご年齢的に僅か数年の在位となりましょう。ならば継承順を飛ばして悠仁様が次なのかな。

また、そうならないことを願うものの次の天皇が早くに重い病にかからないとは限りません。皇子にしてもそうです。やはり悠仁様には早くから皇太子と同等のお立場になっていただいた方が良さそうです。

なお、現時点では幼少の悠仁様の後継者はいらっしゃらないわけで、日本の天皇制は危うい状況にあります。かといって私は女系天皇も認めるべきかには答えを持っていません。

それに、いっそ悠仁様と運命共同体ってのもいいのかなと思わなくもないです。先々男子に恵まれればこの上ない喜びだけど、恵まれなければそれも天命。悠仁様とともに天皇制の役割も終わるという。天皇制廃止を唱える連中と結果的に同じ方向になるのは不本意だけど。

まあ、その頃には私は生きていないし、今の内から議論だけたっぷりしておいて、後の人たちに世相、世論を考慮して決めてもらうのがいいかと。

全国魚市場&魚河岸祭

日比谷公園で今日まで開催されている『全国魚市場&魚河岸祭り』に行ってきました。私は東京は人が多すぎてあまり好きではないのだけど、フードイベントが頻繁に開催されるのはいいですね。

朝10時の開場に合わせて駆けつけ、まずは「アンコウの肝鍋」から。あん肝ってうまいですよね。

アンコウの肝鍋

次に鮎の塩焼き。きめ細かな身もいいけど、やっぱり内臓が最高です。

鮎の塩焼き
さらにエビ出汁ラーメン。新宿の名店『五ノ神製作所』が提供する一品です。エビ出汁のスープも絶品だけど麺が美味かったなぁ。

海老出汁ラーメン

赤エビ汁。外れない味です。

紅エビ汁

ホンビス貝。外来種を食用にしたのだとか。アサリやハマグに比べたらちょっと苦味があるかな。

ホンビス貝

蟹味噌の甲羅焼き。

蟹味噌の甲羅焼き

エビのアヒージョ。うまいけど油っこいんだよな。

海老のアヒージョ

そしてメインはエビのパエリア。最高に美味し。なんでもタイで養殖、加工されたときに捨てられるエビの頭を使って取ったエビ出汁をふんだんに使用しているようで。

海老のパエリア

なお、虎ノ門のお店『エルトラゴン』でも食べられるようです。しかも会場ではガスを使わざるを得なかったけど、お店ではバレンシアオレンジの木炭の炭火を使うので、さらに美味いのだとか。こりゃ行くしかないですね。全国魚市場&魚河岸祭イベント用のエルトラゴンの看板

結局、アルコール抜きで7000円ぐらい使ったなあ。

他にも、ホヤを試食し、上善如水を試飲して帰って着ました。満足です。

タラサリゾートレンベのお食事

まずは到着日の夕食から。このときはゲストが私一人だったので、こんな風に出してくれました。

タラサリゾートレンベの夕食
手前から時計回りにサラダ、野菜炒め、魚のフリッター、肉、カレー

特筆すべきはカレー。これが辛いのなんの。激辛好きの私が満足できる辛さなので普通の日本人はどれほども食べられないでしょう。でも5泊の滞在中、辛いのはこの一品だけだったので安心してください。

朝食の一例はこちら。

タラサリゾートレンベの朝食
毎食トースト、卵、フルーツ、ジュースの組み合わせです

欧州の習慣がそうなのかもしれないけど朝食は実に簡素。でも、他のインドネシアのリゾートではナシゴレンやミーゴレンが食べられたりするけど。

こちらは昼食の一例。

タラサリゾートレンベの昼食

これにスープとフルーツのデザートが付きます。他にもスパゲッティの日もありました。

土曜日の夜はブッフェ、日曜日の夜はBBQでしたね。でも、客の人数とかによって変わるのでしょう。

タラサリゾートレンベのブッフェ
ブッフェですべての料理を盛ったところ

肝心のお味はというと、総じて美味しかったですよ。市販品だけどサンバルソースも常設しているし。

ただし、量的なことを言えば、毎食がブッフェのバスティアノスの方が上かな。

くさや対ファブリーズ

お台場海浜公園で開催されていた「くさや試食会」に行ってきました。くさやの本場、新島のイベントみたいです。

ムロアジ(左)と小アジ(右)のくさや
ムロアジ(左)と小アジ(右)のくさや
くさヤーマン
くさヤーマン

振舞われたムロアジ(左)と小アジ(右)のくさやを、同じく振舞われていた焼酎で食べました。なかなか乙だけど塩っぱいので焼酎よりご飯と一緒に食べたいなぁ。

さて、会場の一角では、かつてCMが中止となった「くさや対ファブリーズ」の対決が行われていました。さすがにくさやそのものに消臭液をかけるのは拙いので(臭いとはいえ食べ物を消臭することへの抗議でCMが中止になった)、ファブリーズの消臭成分を染み込ませた試験紙をくさやの原液に浸して臭うかどうかを試すというもの。結果、あのくさや臭がまったくしなくなります。ファブリーズの完勝です。

で、ファブリーズの試供品をもらい、くさやを買って帰ってきました。

my 危険運転防止策案

例の東名高速の事故がきっかけで、煽り運転などの危険運転問題がクローズアップされるようになりました。高速道路の追い越し車線に車を停車させ、追突事故を起こさせた犯人は極めて悪質な常習犯だったものの、現行法的には危険運転ではなく過失としてしか罪を問えないのだと。なんともやり切れません。

私は車を運転しなくなって久しいけど、そういう行為は早くなくなって欲しいものです。とはいえ、あらゆる道路の状況をくまなく監視するのはテクノロジーを駆使しても不可能。何か起ってもすぐに警察が駆けつけられるとは限りません。自動運転車が当たり前になるのもずっと先の未来です。

そこで私の提案。は「ドライブレコーダーには全社共通仕様のLEDライトをつけよう」です。例えばオレンジ色の2秒間隔点滅とか。そしてそれを前後の車両にも見える場所に取り付けます。つまり「LEDの点滅が見える車両には録画されている。下手に嫌がらせをしたら、ドライブレコーダーの録画データを元に通報されて自身が道交法違反で逮捕されるかもしれない」という状況を作り、自重を促すと。