キャプテン・アメリカを軽視するな!

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの映画公開が明日に迫ってきました。私は自宅に近いワーナーマイカルのレイトショーで見ようと思っていたら、本作の上映予定はないとのこと。確かハルクもそうだったなぁ。普段は行かない南大沢あたりで見たんだった…。

さて、それならばどこかに出向いて見ないと。最近の私の行動範囲内で一番利用しやすそうな上映館を調べたら新宿のバルト9でした。ただしバルト9にはレイトショーという割引システムがなさそうです。不夜城のような新宿という土地柄でしょうかね。

なお、私は常々日本の映画料金は高すぎると思っているので1,800円は拒否したいところ。でも月初に絡んでいないので映画の日割引はなし。もちろんレディースデー割引も受けられませんし。聞くところでは栃木とかに行くとメンズデーなるものがあるそうですが…。

ということで何十年ぶりかに前売り券ってものを買ってみました。1,300円。ワーナーマイカルやTOHOシネマのレイトショーより100円高いけど全国共通。おまけにキャッピー(キャプテンに扮したキューピー)も付いてきました。いらないんだけどね。

おまけのキャッピー

でもキャプテン・アメリカは、それこそアイアンマンやマイティ・ソーよりも格上、彼らを束ねるリーダーなのに。というのは劇中の話で、何か大人の事情があるのでしょうかね。キャラクター的には日本ではあんまり知られていないっぽいですし。

でも、アメリカの興行収入的にはヒット作だし、この先もアベンジャーズの映画が控えていることを考えれば、もっと大々的に上映した方がいいと思うのですが…。

映画の初回生産パッケージなんか買えない

X-MEN ファースト・ジェネレーション(X-MEN First Class)のBlu-ray/DVDの発売日は明日。でも慣習として前日から市場に出回るので、お昼ついでに家電量販店で見てみたら安価なパッケージ2タイプがどちらも3,760円という価格でした。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション
2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

X-MEN:ファースト・ジェネレーション
2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕

私はDVDメインのセット(青いパッケージの方)を買おうかと思っていたものの、お値段と収録内容に打ちのめされて(?)買わずに帰ってきました。「何だかすんごく割高感があるぞ…」と。

まずAmazonで買えば送料無料で3,072円。とは言え、これでも高いと思います。X-MENは好きなシリーズですが、もはや映画タイトルは2,400円(レイトショー2回分)ぐらいじゃないと買う気が起きません。

加えて割高に感じさせるのがBlu-rayとデジタルコピー権が付いていること。私は今後もBlu-Rayプレイヤーを買う気がまったくないのでBlu-rayは付加価値に感じません。そしてデジタルコピー権とは実はiTunes Storeのダウンロード権(他にもWindows Media版もあるらしいけど)なので、だったらパッケージではなく最初からiTunes Store版を買った方がいいんじゃないかと。それとも本作はiTunes Storeではしばらく取り扱わないのでしょうかね。日本のiTunes Storeの映画予約注文ラインナップに入っていないようですし。

いや、実際のところiTunes Storeの映画販売にも満足はできません。吹き替え版と字幕版がそれぞれ別の商品なので。字幕版は役者本人の声を聞けるものの尺の都合で極端な意訳が発生しがちなので両方のバージョンを見比べないと。だとするとiTunes Storeもまた割高になってしまいます。

てなわけで今回の初回限定パッケージは買いません。ひとまずレンタルDVDを借りて見て、半年か1年後に発売されるであろう1,000円ぐらいの廉価版を待って買うのが一番懸命だと思います。いずれ1,000円で再販されるなら、オマケのお値段が2~3,000円ってことになりますし。

初回版の特典映像も見たい気はするけど必須ではありませんし、何とかして商品単価を上げたいという販売元の思惑は解らなくもないですが余計なものを抱き合わせて値段を釣り上げられてもねぇ。

特典映像付き・Blu-rayなし版DVDがAmazonで2,400円ぐらいなら買ったのだけど…。

Snow Leopards

台風15号、厄介な台風ですね。各地で深刻な被害が及ばないことを願うばかりです。

この三連休、沖縄の天候は予想されたほどは崩れなかったようですが、今さら講習ポイントで潜ってもね…。なお、搭乗予定だった今日の復路便は悪天候の中でのフライトだったためキャンセルで全額払い戻しになりました。

さて、海に行かれなかった代わりではないですが多摩動物公園に行ってみました。私は予定がなく天気がいい休日には散歩がてらよく訪れます。坂が多くてちょっとした運動にもなりますし。

写真は人気のユキヒョウの母子。

ユキヒョウの母子

今年は三匹の子ヒョウが生まれました。他にもチーター、マレーバク、アミメキリンに赤ちゃんが産まれてます。子バクの瓜坊ガラは早くも消えかけてきましたが。

私が動物園に足しげく通うのは、実は水中撮影のための写真の練習が目的だったりします。さすがにカメラをハウジングに入れたりはしてはいませんけど。

水中撮影の練習なら水族館の方が適しているように思うかもしれませんが、違いますね。水族館は暗くて不自然な光源が多いので。マクロ撮影も不可能ですし。どんなに頑張ってもダイビングのときのような写真にはなりません。だったら動物園で動物の行動を予測して待ったり、フレーミングを考えつつシャッターチャンスを狙う技量を磨く方がよほど上達には役立つはずです。

言い換えると、アマチュアレベルの腕前の我々は、普段から習慣的に生き物の写真を撮るぐらいないと、いざ水中で撮る生き物写真もなかなかいい感じにはならないと思います。

『飛び出せ!科学くん』打ち切り

科学くんTBSの『飛び出せ!科学くん』が今月で終了するそうな。好きな番組だったので残念。

深夜枠でスタートした当時、始めて科学くんを見たときはすごく気持ち悪いと思ったものですすが、人間、慣れるものですね。

CSのナショナルジオグラフィックやアニマルプラネットも良いのですが、輸入した番組ソースは総じてドキュメンタリータッチで楽しさが欠けます。

その点、適度にバラエティ要素が加味されている科学くんは、いかにも日本的でバランス良くできていると思っていたのですが。

確か上原美優の元気な姿が最後に放映されたのも、この番組だったかと。

このまま番組が消えてなくなるのは惜しいので、年に1〜2回ぐらい単発の特番として放送してもらえないかなあ。


飛び出せ!科学くん ~地球大探検!謎の珍怪生物に挑め!~

NFLのシーズンが始まりましたねぇ

今年もNFLのシーズンが始まりました。一頃はロックアウトでどうなるかと思っていたのですが。

実は私が一番好きなスポーツがNFL、アメリカンフットボールです。なにしろルールにせよ演出にせよ、これが実に良くできていて。野球の戦略性とサッカーのダイナミックさ、そして格闘技のような迫力を合わせ持っています。

ご存知の通りアメフトのルールのモチーフは戦争。主力部隊に見立てたボールを敵の本陣に送り込めば得点です。その方法は陸の行軍(ランプレー)でも落下傘降下(パス)でもOK。新たな橋頭堡(ファーストダウン)を築きながら敵陣の深くに攻め入るわけですが、攻略に失敗すればたちまち攻守が入れ替わってしまいます。

私が好きなチームはシンシナティ・ベンガルズ。ということで自身の似顔絵にヘルメットを被らせてみました。

BENGALS

本当のところシンシナティにもベンガルズのチームにも特に思い入れはなく、ユニフォームが好きなだけなのですが。あのトラの縞模様のヘルメットを初めて見たときは衝撃を受けたので。それはもう発足当初の福岡ダイエーホークスのガッチャマン風ヘルメットに匹敵するぐらいの。


Xbox 360 NFL Cincinnati Bengals Controller – NFL シンシナティ ベンガルズ コントローラー