iPhone用アルミバンパーにストラップを付けた

私のケータイはiPhone 6 Plus。落手する可能性を考えると素のまま使うわけにはいかないけど、ケースよりもバンパーの方が私の好みです。それも樹脂ではなくアルミニウムの。iPhone本体の質感にマッチするので。

ただし市販のアルミ製バンパーにはストラップホール付きが少ないのですよね。ストラップを付けていれば落手の危険性を減らせるのに。

そこで自力でパンパーにストラップホールを付けることにしました。使用したのはドリル。2.5mm径ぐらいがいいかと。

方法は、ドリルでパンパーの目ぼしい箇所に隣接した穴を2箇所開けるだけです。私は右下の角にしました。薄いバンパーなら手作業でも数分で穴が空きます。

出来上がりはこの通り。

ストラップホールを空けたiPhone用バンパー
ストラップホールを空けたiPhone用バンパー

ちなみに取り付けたストラップは10年くらい前に沖縄のガチャガチャで出てきたシーサーです。

なお、ドリルは100均でも売ってます。電動ドリルを持っていなければ、こちらの方が使いやすそうですね。

2.5mm径のドリル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください