Kindleがやっぱりネックだ…

Kindle Comic Creator Icon以前、Kindleは鬼門と書きました。電子書籍の写真集を作る上で、iBooksやGoogle Playブックスと比べて不都合な点が多いためです。このエントリはその続編になります。

Adobe InDesignで制作したEPUB3.0(固定レイアウト)のファイルはKinele Previewerというアプリを使ってazkファイルに変換し、iTunesのUSB転送で渡せばiPadやiPhoneのKindleアプリで表示できるようになります。

でも、Android端末に送って表示確認する方法が解らなかったのでKindleダイレクト・パブリッシングに問い合わせたところ、このような返答が。

Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

このたびは、Kindleのご利用に際し、ご不便をおかけいたしましたことをお詫びします。

大変申し訳ございませんが、Kindle for AndroidではUSB転送にてファイルを転送していただくことが出来ません。

Kindle for Androidにてコンテンツをご覧いただくためには、当サイトで購入されたコンテンツおよびSend-to-Kindleで送信されたファイルのみとなっております。

そんなアホな…。

ということは、Android版のKindleでコンテンツの表示状態を確認するには、amazonに出品して公開を待ち、それをダウンロードするしかないのか。

でも出品から公開に数時間〜半日程度かかるし、早く改善してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA