辺野古は中止して普天間は県内移設しましょう

wordpress-logo翁長雄志沖縄県知事が辺野古の埋め立て承認を取り消すようです。取り消しの法的な実効性は私は解らないけど、国と沖縄の対立はいよいよ深まることになります。また、移設ができなくなって「世界一危険」とされる普天間飛行場が温存されるのも困りものです。

とはいえ政府は引けませんよね。すこぶる評判の悪い安保法案を見ても解る通り、現政権もアメリカとの約束が何よりも優先みたいだから。

それにもし民意に押されて普天間の基地機能の県外移設が実現すればその後も続き兼ねません。オール沖縄と言っても県民の意見統一が為されているわけではないと聞くけど、基地の跡地の商業転用が成功しようものなら、その流れは顕著になるでしょう。米軍に出ていってもらえば経済が潤って雇用も増えるのだから。

でも、そうして米軍の沖縄配備が薄まれば喜ぶのは中国。沖縄の漁場は荒らされまくり、尖閣を含む離島を占拠され軍事拠点を作られてしまうことでしょう。

よって私の意見は「辺野古の生め立ては中止し、普天間の機能は嘉手納もしくはキャンプ・ハンセンなどの既存の基地と併合する」です。アメリカと再交渉して計画変更を飲んでもらうと。アメリカとて居心地も使い勝手も悪い辺野古に移るよりはと承服してくれるのではないでしょうか。

ただし、それらの案は握りつぶされた過去があるのですよね。なにしろ辺野古埋め立てのように大きなお金が動かないから。言い換えるなら、このまま辺野古の埋め立てを続けるのは、アメリカとの約束を口実に利権の構図を守ろうとしているだけです。

ともかく新国立競技場の建設計画はギリギリのタイミングで白紙撤回できたのだから、安倍総理には辺野古の件でも思い切った決断に期待したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください