セブで一番安いダイビング

このblogにたまに表示される広告に「セブで一番安いダイビング」というものがあります。広告主はハイミーズ・ダイブセンターです。

ハイミーズダイブセンターの大漁旗

マクタン島滞在中の2月19日はフィリピンの祭日(Chinese New Year。旧正月に便乗した祭日?)だったので語学学校は休み。よってダイビングに行こうにも、いつも使うパラダイスゴビーズダイバーズが引っ越し中で閉店していたので、代わりにハイミーズを使ってみることにしました。

ちなみにその日はタンク数3本のオープンウォーター取ったきりの連れが一緒。彼女は私と同じ日にBAYSIDE English Cebu RPCに入学し、前の週に他の仲間と別のショップの体験ダイブに行ったものの、フィンも履かされず、ダイブマスターにタンクの頭を掴まれてただただ水中を曳航されただけだったそうな。マクタン島の体験ダイブってそんな感じなのですね。それがつまんなかったから、改めてファンダイビングに参加すべく私に同行する気になったそうで。

ハイミーズのオーナーのハイミーさんは、かつてパラダイスゴビーズダイバーズで働いていたこともあるタンク数12,000本クラスのベテランダイブマスター。しかも日本語ペラペラです。その日は日本人観光客相手に日本語で講習していました。

そんなわけで何年かぶりにヒルトゥガンでダイビング。正直、もはや望んでは行かないポイントだけど、それも良かろうと。私が好きなエンガニョ方面だと極小生物を見慣れてないビギナーには辛そうだし、ギンガメアジの群れなんかが見られた方が楽しんでもらえるはずだから。

で、2ボートダイブと昼食にマンゴーを付けてもらって4,500ペソ(約12,300円、レンタルなし)。確かにヒルトゥガン2ダイブなら再安クラスかも。他所はだいたい15,000円くらいしてますよね。

ただしハイミーズの料金はペソ建てなので、円安のせいでもはや格安のお店ってわけではなくなってしまいました。実際、もっと安いお店も知ってるし。そのお店はフォト派向けなのでヒルトゥガンでは潜らないけど。

まあいいでしょう。私はマクタン島には今後も何度も行くだろうから、ハイミーさんとリオ夫人に馴染みになっておけば何かいいことがあるかもしれいし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA