NEO Moneyはお得でも便利でもなかった

NEO MONEYカード先月、インドネシアへの出発前、あらかじめNEO Moneyに5,000円入金して行きました。

NEO Moneyは国内のセブン銀行やセゾンのATMで口座に入金しておくと海外のATMで現地通貨を下ろせるというもの。何でもレート的に有利なのだとか。特にインドネシアルピアへは3割ほども差が出ることもあるそうで、ぜひ試してみようと。

ちなみにこの旅で確実に必要と思われた現金はおよそ400,000ルピア(3,400円ぐらい)でした。内訳はこんな感じ。

  • トランジットホテルへのタクシー代(往復):100,000〜140,000ルピア
  • ホテルでの食事代:50,000〜100,000ルピア
  • ジャカルタ空港の使用料(往路の国内線):40,000ルピア
  • ジャカルタ空港の使用料(復路の国際線):150,000ルピア

なお、復路のアンボン空港の使用料30,000ルピアはガルーダ・インドネシア航空の場合は不要だそうな。後で知りました。ダイブリゾートの支払いにはクレジットカードが使えるのでルピアは要りません。

ジャカルタ空港(スカルノハッタ国際空港)では入国審査の手前の到着ビザを購入するところの近くにATMがあったので、さっそく試してみました。

インドネシアのATMの操作部

ATMにNEO Moneyカードを挿入してPINコードを入力すると「Saving」「Current」「Credit Card」の3種類のボタンが表示されます。

インドネシアのATMの画面

どれか解らないけど何となくクレジットカード扱いかなと思ってボタンを押すと、金額のメニューが表示されました。

インドネシアのATMの画面

選べるのは100,000、200,000、300,000、500,000、1,000,000、1,500,000の6種類。目当ての400,000がないので、300,000ルピアと100,000ルピアの二回に分けて下ろすことに。1回あたり200円の手数料がかかるけど、まあしかたないかとかと。でも後から写真を見返すと画面左下に「Other Nominal」ってボタンがありますね。これを押せば400,000ルピアを一回で下ろせたのか。200円損しちゃいました。

なお、100,000ルピアのときは「Current」のボタンを押してみたところ、やはり同じ画面に進みました。後でネットで利用履歴を確認したものの両者に差はないようです。どちらでも同様に為替レート分+200円が引き落とされていました。

振り返ってみるに「Current」は通常の引き出しで「Credit Card」はキャッシングみたいな感じかなと推測。ほんでもって残高の範囲内でしか使えない制約のNEO Moneyではどちらも同じ扱いになると。では「Saving」って何なのかな。ひょっとして残高照会?もしそうなら押さなくて良かった。それだけでも200円の手数料が引き落とされるし。あるいは預け入れ?

そうそう、300,000ルピアと100,000ルピア、どちらも50,000ルピア札(440円ぐらい)のみで出てきました。一番使い勝手のいい額なのかな。インドネシアにはチップの習慣もないらしいし。ATMの上にも「Rp 50,000」と書いてありますね。

で、最も気になる換金レートはというと100,000ルピアが929円でした。手数料200円が掛かるので1,129円で100,000ルピアとなります。

さて、帰りのジャカルタ空港でのこと。早々と出国手続きも終え、搭乗まで時間があったためレストランでラクサを食べようと思ったもののルピアの残金がなく、換金所で1,000円だけ両替すると約112,000ルピアに。何のことはない、こちらの方がレートが上でした。

ジャカルタ空港のラクサ
ラクサ。でも味はミャンマー料理のモヒンガーみたい。ナマズ出汁スープの。 しかも麺はぶつ切りのうどんっぽかったし、想像してたものとは大きく違いましたね
ジャカルタ空港のカレーヌードル
連れが頼んだカレーヌードル。こちらの方がラクサっぽかったです

NEO Money、初めて使ってみた感想は「貧乏旅行者がわざわざ使う意味はないかな」です。

NEO Moneyの難点は、カードを挿入した際、どれだけの額を引き出せるのかが解らないこと。一連の操作の過程で「○○ルピアまで下ろせます」的な表示はなく、別途ATMで残高照会をすれば200円の手数料が引かれてしまいます。残高はWebサイトで確認せよと。でもWebサイトには換金レートは表示されないんだよな。

ほんでもって肝心の換金レートが空港の換金所よりも不利とくれば、もはやいいとこなし。使えばNEO Money口座に半端な額が残っていくし。

まあ私が使ったのは4月26日の1回だけで、他のタイミングや他の国での事情も解らないけど。現地在住者なんかには便利なのかもしれないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA