水中ハウジングの専用キャリーバッグを作ってみる(2)

バッグが決まったので次はインナーの工夫。

今回、カメラを内包したハウジングはレンズポート側をトートバッグの底面に向けて収納するつもりです。飛行機内ではハウジングの底面が下になるようにバッグを寝かせて前の座席の下に置きます。よってハウジングを収納でき、バッグにも納まるクッションの類いが必用です。

物色した結果、下記の製品が良さそうでした。

フレキシブルクッションボックスL

フレキシブル部分を全開すればハンドルを付けた状態のハウジングを下向きにしてすっぽり収納できます。左右にやや遊びがありますが、まあ詰め物をすれば大丈夫。さすがにスーパービューファインダははみ出しますが、まあいいでしょう。

収納例はこの通り。白いのはケースに入れたiPadです。

カメラセットの収納例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA