2011年1月7日

Mac App Storeは非常に危険です!!

昨日、待望のMac App Storeがオープンしました。

Mac App Storeのイメージイラスト

日本時間の7日2時と伝えられていたものの、6日の23時前にはすでにMac OS X 10.6.6へのアップデータがリリースされていました。これをインストールするとDockの左から2番目にMac App Storeのアイコンが追加されます。

Mac App Storeのアイコン

さっそく起動してみるとiTunes 10に続いてタイトルバー左上がまた見慣れないボタン配置。古くからのMacユーザとしては違和感を受けるのですが、そこはまあいいか。

タイトルバーの左上

さすがにアプリの品揃えはまだ寂しく、噂されたiWork ’11も間に合わなかったのか、Keynote、Pages、Numbers、どれも現行バージョンでした。まあ、ラインナップに関しては次第に充実していくはずなので気長に見守りましょう。

さて本題。Mac App Storeをちょっと使ってみて問題、しかも深刻だと思う点を見つけたので報告します。それは「高価なアプリを無意識に買わされてしまう危険性がある」です。

まず手始めに「Solitair Gratest Hits」を落としてみました。無料アプリですがApple IDとパスワードを訊かれ、それらを入力するとダウンロードが始まります。完了するとDockにアイコンが追加されアプリが自動的に起動したため、しばしお馴染みのカードゲームに興じてしまいました。

次に、これまた無料の「SketchBook Express」をダウンロードしてみました。再度Apple IDに対するパスワードを入力し、ダウンロードが完了。

さらに何かを落としてみようと「トップ無料」や「トップ有料」のカテゴリを物色し、何気なく「Apple Remote Desktop」をクリックしたところ、いきなりダウンロードが始まり、起動してしまいました。気になって「購入済み」を見てみると、やはり購入履歴が追加されています。買う気などなかったのに。無料アプリの場合はApple IDのパスワードを訊ねるくせに、9,000円もする有料アプリの場合はスルーとは何とも不条理な…。

もう少し詳しく言うと、「トップ有料」などのランキング表示エリアは幅が狭いため「Apple Remote Desktop」のように文字数が長いアプリにマウスカーソルをかざすと、このように表示が変わります。

隠しボタン非表示

↓↓↓

隠しボタン出現

つまり、アプリ名をクリックしたつもりでも、寸前に「¥9,000 購入する」ボタンが表示され、これをクリックしてしまったわけです。

それでも通常ならアプリの紹介ページに切り替わるので、そこで購入を踏みとどまれますが、iPhoneのApp Storeでも、一度Apple IDのパスワード認証を通過すると、その直後に別のアプリをダウンロードする際にはパスワードを訊かれませんよね。今回のケースもこれと同様のロジックで、直前にSketchBook Expressをダウンロードしていたため認証がパスされてしまったのでしょう。

これがiPhoneのApp Storeの場合なら、表示スペースとの兼ね合いもあって、「¥230」といった価格ボタンのタップ→「今すぐ購入」ボタンのタップ、という2段階構えになっていますが、Mac App Storeの場合、「¥9,000 購入する」ボタンをクリックしてしまうと、いきなりパスワード認証の工程に進んでしまいます。そのため先の理由で認証免除になっていれば無条件に購入手続きを踏んだと見なされるのでしょう。Macアプリ場合、数千円〜数万円という価格付けもありうるわけですから実におっかない話です。

それと、今回は買う気がなかったApple Remote Desktopが起動されたを見ていたので気付けたのですが、例えば該当の操作の直後に席を立ち、しばらく時間が経過して戻ってきたら、そのことに思いが至らないかもしれません。そうして後日、身に覚えのないレシートのメールが届き、代金が引き落とされると。

で、そもそも購入する気はなかったのでApple Remote Desktopはすぐに終了させ、購入をキャンセルしようと考えました。でもMac App Store自身にはそれらしい仕組みが見当たりません。ならばとAppleのサイトのサポートページを覗いてみるも、さすがにMac App Store用の問い合わせ先はまだ用意されていないようでした。

仕方なくiTunes Storeの問い合わせフォームに事の顛末を書いて送信。現在、返信を待っているところです。少々のやり取りと時間がかかるのはやむを得ないとしても、まさかこの理由(偶然起きたスキミング事故のようだ)による購入のキャンセルができないなんてことはないでしょうね?

図らずもMac App Storeを使い始めてから1時間足らずの内に「穴」を見つけることになったわけですが、これでAppleがどう対応してくれるのかや、前々から知りたかったアプリのライセンス関連の仕様の一端を把握することができるかもしれません。「返品」するにしてもアプリはMacにインストールされているわけですし、アクティベーションOFFなんかの仕組みも盛り込まれているのでしょうか。

差し当たりMac App Storeの有償アプリに関しては1ステップだけでは購入に至らないよう早急の改善が必要でしょう。

続報は追って書き込むつもりです。

カテゴリー:IT & Gadget

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA