Mac App Storeの返品が利いた!!

今日、Appleから返信メールが届き、Mac App Storeの誤発注が無事キャンセルされました。 下記、メールの引用です。

平素よりiTunes Storeをご利用いただきまして誠にありがとうございます。サポートチームアドバイザーの●●と申します。

現在iTunes Storeが大変ご好評をいただいており、多くのお客様から非常多くのお問い合わせをいただいておりますため、こちらからの返信が遅れ、長らくお待たせしてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。

お客様から、ご購入されるつもりのなかったアイテムについて、キャンセルのリクエストを頂きました。こちらの件で、大変ご心配のことと存じます。 お客様の問題が解決するまで、私が最後までお手伝い致しますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

お客様からのお問い合わせを検討させていただきました結果、お客様が購入された「Apple Remote Desktop」(オーダー番号:MGVLJ84379)の 9,000円を返金させていただきました。App Store 販売規約では購入した商品を返品・交換することはできませんが、今回は 1 度だけの例外として対応させていただきました。

クレジットカードでご購入いただいていますので、決済いただきましたクレジットカード会社を経由して返金をさせていただきます。ご返金は翌月、もしくは翌々月となりますので、ご利用いただいたクレジットカード会社の明細をご確認ください。(クレジットカード会社によって決済期日が異なりますので、具体的な返金日程についてはお手持ちのクレジットカード会社へ直接お問い合わせ下さい。)

この通り特例処置だそうですが、まあ何であれ一安心です。私のAppleへの信頼度も増しました。

思うに、問い合わせのメールを送ったのが1月7日(Mac App Storeの開店後すぐ)だったのが良かったのかもしれません。アプリを買って使ってみてからのキャンセルではないことが明らかだったと。

それから、ひょっとしたら私が長年のMacユーザであることも手伝ったのかな。これって意外に意味を持っているフシがあるのですよね。例えば昨年の夏、iPad Camera Connection Kitが品薄で流通しておらずApple Storeでも納期3週間待ちだった頃、待たされる覚悟でApple Storeに注文したらあっさり数日後に届きましたし。

実際、私のApple Storeのアカウントには何台ものMacやiPod、iPhone、iPadなどの購入履歴がわんさか登録されているはず。それで、Apple側が「ここでキャンセルに応じとけば、こいつは気を良くして今後も製品を買うに違いない」とまで考えたかは解りませんが、まあ今の私の心理状態はそうだったりします。差し当たりApple Remote Desktopの9,000円が返金されるなら、近いうちに同じ値段のApertureあたりを買ってみようかなと。Mac App StoreのアプリもDockから引っ張り出してみます。幸か不幸か1クリック購入の仕様も把握できましたし、買わないときは意識的にサインアウトするようにしておけば不意のアクシデントで誤発注することもありませんので。 そうそう、メールには以下の文言が。

今後のAppleとiTunes Storeでのサービス、システム改善のため、お客様から貴重なご意見、ご要望、ご不満等がございましたら、ぜひ下記のフィードバックページにてお知らせお願い致します。

https://regist.apple.co.jp/feedback/itunes/

だそうです。私もリクエストや改善案をせっせとフィードバックしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA