2010年8月31日

菅vs小沢

小沢前幹事長が民主党代表選挙にでるのだそうな。もうどっちでも良いのですが、敢えて選ぶなら私は小沢でしょうかね。なぜかというと、小沢総理が誕生した場合の検察やマスメディア(特に産経新聞)の態度が見物なので。いわゆる政治とカネの問題は、聞けば聞くほど不当な話に思えてなりませんし。

ジャーナリストの上杉隆さんが言うには、早くから記者会見をオープンにしている小沢氏がトップに立てば、政治の現場から記者クラブ制度が撤廃され兼ねず、政府の広報機関になることで築いてきた安寧な既得権とビジネスモデルが崩れることを恐れるメディアが彼にダーティなレッテル貼りの大キャンペーンを展開している」とのこと。実際にそのような意図がはたらいているのかは解りませんが、まあ小沢氏が内閣総理大臣に就任すればいろんなことがはっきりするでしょう。情報公開こそが改革のエンジンです。

それに、かねてから小沢氏の言う「無駄の削減」が本当できるのかどうか、やらせてみたい気がします。経済は無理だとしても行財政を良い方向に向かわせてくれるなら、 この際、たとえカネに汚くとも構わんです。

カテゴリー:NEWS

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA